本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

続 センターメーターとGPS

iPhone3G は GPS 内蔵なので マップ(Google Map)での現在位置や経路の確認を利用したり、カメラ機能で撮影した写真に位置データを付与したりと、特性を活かした使い方が非常に便利です。また AppStore にはGPSと連携した様々なアプリケーションがあって、目的にあった機能の追加が可能です。ワタシの場合ですと、現在地周辺の飲食店を 食べログHot Pepper で検索したりしています。

GPSといえば、以前に愛車のメーターの積算距離計の誤差を検証するのに、Ad[es]と外付けGPSユニットを使った センターメーターとGPS という記事を書かせていただきました。
ワタシ的には検証も終わって今となっては必要性は無くなったのですが、この作業も iPhone3G で可能だったのではないかと思います。
本ブログには iPhone3G、そしてミニのユーザーの読者もいらっしゃると思うので、今回はその時よりも幾分か簡単になったGPSを利用してのミニのメーター誤差の検証を iPhone3G で行う方法をご紹介いたします。使う道具と検証する車種の組み合わせは iPhone3G とミニですが、一般的なカーナビやハンディGPSを使ってもいいですし、どのような車種でも同じような検証は可能ですから、必要であれば使用手順など適宜置き換えて参考にしてください。

MotionX ワタシが iPhone3G上で使用するアプリは MotionX GPS Lite を選びました。機能を限定した無料版です。説明が英文なので深く読み解いていないのですが、どうやら地点設定や経路ログのフォーマットについて、幾ばくかの制限があるようです。しかし、移動距離の確認だけでしたら機能的にはこれでも十分だと思います。ちなみに移動速度も測定はできるのですが、情報の更新に2秒ほどのタイムラグがあるのでリアルタイムに速度をモニターするのにはちょっと向いていないようです。

それではアプリの使用方法も含めて具体的な検証方法を説明いたします。
表示切り替えkm/h表示 右画像がアプリのStopwatchモードでの画面です。距離表示のあるこのモードにて使用します。ミニ乗りとして重宝するであろう、キロ/マイルの表示の切り替え設定は下部の左から2番目の歯車マーク(Setting) > General > に移動して Display Units:の

  • Metric
  • Imperial
  • Nautical
から選択します。
Metric とはメートル法のこと。
Imperial がヤード・ポンド法です。マイルはこちらです。1 mile は 1.609344km です。
Nautical は 船舶で使用する単位で、1nautical mile は 1.85200km です。

計測にあたってはできるだけゴー&ストップの少ない道を選びましょう。複数の理由から高速道路がいいと思います。I.C.からI.C.までの距離データが既にありますし、中央分離帯に100mごとにある距離ポストも参考にできるからです。また、ちらちらとよそ見しながらの運転になりがちですので、歩行者や自転車のいる一般道よりは安心です。それでもできればメーターかGPSかの数値読みをしてくれるアシスタントがいるといいです。どちらにせよ安全運転を優先させて臨んでください。

mph表示 走行途中でも設定画面に移動してキロ/マイルの表示の切り替えはできますので、確認したいほうを選んでください。

それでは走行を開始させます。
走行中に見るべきところはまずはメーターの積算距離計の推移です。ちょうど積算距離計が1mileまたは1km移動を示した時にGPSを確認したいので、0.1の単位が0になるタイミングでGPSによる計測をスタートさせるといいでしょう。スタートは Start ボタンをタップして開始します。一時停止は Stop 。再計測するには Resume と表示が変化します。

メーターの積算距離計がちょうど1mileまたは1kmになったらGPSの数値 Distanceを確認します。メーターの1mileまたは1kmが実際は何mileまたは何km移動なのかが判ります。mile表示メーターでGPSをkmに設定した場合ではメーターが合っていればほぼ1.6kmのはずです。この計測を何度か行ってください。5mile、10mileの時はどうであるとか、mileメーター使用でGPSではkm測定に設定した場合では逆にGPSの距離の数値がきりのいい時(例えば5kmとか)にメーターの積算距離計を確認するなど、数値読みの基準を交互にするとベストです。時々はGPSの数値も疑ってみるのもお勧めします。道路脇の距離ポストで確認をしてみましょう。I.C.間の距離を調べたい場合は NEXCO のHP などで。このようになるべくデータが豊富なほうが後の判断に役立ちます。

別記事にメーターケーブル回転数別によるメーターのタイプと最終減速比との関係性を表にまとめてみましたのでご確認ください。(→表を見る

集まったデータを元に距離計の誤差を把握できたならば、それは主に日々の燃費計算に役立つでしょう。またはメーターの交換や修正にも有用な情報となります。ただし10%程の誤差でしたら車検には全く影響しませんし、運転する者がこういったクセを理解すれば済む事です。ましてや今回の記事内容はメーターの交換や修正を促す目的ではありません。

「SMITHSのメーターなんか最初からあてにしていない」という意見の方もおりますでしょう。ちらほらとそういうログを目に致します。しかしワタシの経験では積算距離計そのものは非常に正確な動きをしていることがわかっています。もっとも歯車を組み合わせた機械ですので当然といえば当然です。

ワタシの見解では、メーターの不正確さの大抵の理由はメーターの適合違いだと思っています。

しかしこれが「速度計はどうなのだ」というと自信をもって正確ですとは言えないのです。構造的にスプリングのテンションが重要となっているので、経年による不具合がある可能性は否定できないのです。
「積算距離計」と「速度計」は別物なのです。ここのところは誤解の無いようにお願いいたします。

ポラロイドは消えゆくとも

在庫あり即納可!ポラロイド600フィルム(3本パック) いくつかフィルムカメラを所有するも撮影タイミングといえばたまのイベント参加時くらいとなっています。そのなかでもSX70を使うにあたっては最後の手段である ポラロイド600フィルム も生産終了につき品切れも間近?とのこと。しかし大事に温存していても消費期限は迫ってきますので、ワタシとしてはSX70+NDフィルターで惜しげも無く楽しんでしまう方針です。

元画600フィルム 昨日もイベント会場でBugeyeを並べてSX70でスナップ。一眼らしく被写界深度を操っての画も撮れるのが面白いところです。しかし、このタイミングだからこそかフィルムを消費すること無く、画像データをソフトウェア処理によりポラっぽい風合いの画像を得られるソフトが数点揃いましたので、iPhoneで撮影したひとつの画像を元に3つのソフトで処理したものとの比較をしつつ紹介いたします。

ポラドロイド まずはワタシの友人より紹介いただいた、MAC OS 10.4 or later (Intel and PPC) と Windows XP or later それぞれに対応するフリーウェアである Poladroid
Poladoroid処理中 あらかじめデジカメなどで撮ったデータをポラで撮ったかのように画像処理するものです。処理中の待ち時間にデスクトップに現れたフィルム上に実際のと等しくじわじわとプレビューが現れるところは実に楽しい。出来上がった色調はちょっと赤っぽい感じ。

ポラライズPolarize そして iPhone & iPodTouch 用のAppである Polarize 。価格は無料です。用意した画像を処理するのに加え、直接アプリ上で撮影するモードもあります。色調はSX70filmを意識してか青さが目立ちます。コントラストもけっこう強め。特徴なのは英文大文字だけですが手書き風タグを入力することが可能です。

カメラバッグCameraBag そしてこれは iPhone & iPodTouch 用のAppの CameraBag 。こちらは有料で¥350- 。このAppは9種類のスタイルのシュミレートができます。その中のポラ風の画質処理モード"Instant"を使用するとこんなかんじ。前述の Poladroid の画像が色褪せたかのような風合いです。これも用意した画像を処理するのに加え、直接アプリ上での撮影も可能。

今回こうしてポラの実機やソフトウェアを使いながらワタシの感じたことは、デジカメというのは余計なコストもかけないし、失敗もしないようにしたりと、まさに今の若者たちの価値観そのもののように思えます。しかし綺麗さや手間の簡略というものばかりが美しいことではないのです。偶然が見せてくれる発見や、そこに至る過程を楽しんでこそ自分自身の内面のなにかが広がっていくのではないでしょうか。逆に、面白がってこうした画像処理をしながら、そうした価値観に気づき始めたりするのかもしれません。いや、むしろワタシはそう願っているのです。

iPhone3Gが立った

車内で iPhone3G をカーステに接続して楽しんでいるのですが、これがまったくもって便利です!。チューナーやCDを聴いているときではなく iPhone3G から音楽再生をしている場合に限られますが、iPhoneに着信があると音楽はフェードアウト。通話が終わればフェードイン。とカーステの消音操作が必要ないのです。それまでは車内に音楽があってもなくても気にしなかったのに、近頃は音楽を聴くというより新しいものを使う事そのものにすっかりご満悦の筆者です。
それでもただ iPhone3G をダッシュボードに投げるようにベタ置きでは、ちょっとした操作や着信が誰からなのかとかの画面の確認ができません。できることなら常にこちらを向いた状態にしておきたいと感じます。
RockridgeSound iClooly for iPhone 3G [iphone3G] そこで新たに入手したのは RockridgeSound iClooly for iPhone 3G  です。(形状がほとんど同じで紛らわしい iPod Touch 用があるので注意すべし)iPhone3G を装着した姿はまるで iMac 。ホルダー部分はクルリと回転する機構になっているので普段は縦向、動画再生時などは横向にすることも可能。
これを揺れる車内で使うのに適した固定方法を考えますが、こういうときには金属部が露出しているところが多い旧車である事が強みになります。
ゴム底底んとこの磁石 以前設置したETC本体に引き続き磁石(ネオジム φ31mm × φ15mm ×2mm 吸着力5kg)を iCloooly の底に接着し、横滑りと相手側の傷防止のため粘着付きゴムシートをマグネット面に貼りました。これでダッシュの上で自立すれば…というのは残念ながら叶いませんでした。ダッシュには結構厚いマットが敷いてあるためです。いくら強力な磁石とはいえ金属に密着しないと吸着力5kgの性能はフルに発揮できません。もっと大きな吸着力を求めると磁石の厚みが増すので、見た目のスマートさとどちらを重視すべきか悩むところです。
ドアポケットに設置決定位置ベースにクリップ 今回は iClooly のデザインバランスはできるだけ崩したくないので、操作性と安定性を考慮してなおかつ簡単な方法となると、ドアポケットのわずかなテーブル部か… または、クラッシュパッドの折り返しに金属クリップなどを介しての設置。という結論に達しました。

燃費報告 10/6

AccuFuelアイコン 今回より燃費計算に iPhone3G を利用します。使用アプリは App Store で購入した AccuFuel (¥115)です。
 低価格とはいえ有料となると「買ったはいいがまるで使えない」では困ります。米国製のアプリなので、マイルが使えるのは予想できましたが、実際の使い心地やウチのクルマのようにメーターはマイルだけれど燃費はKmで管理したい…なんていうケースには対応できるかが気がかりでした。そこのところを確認して購入した…のではなくジャケ買いとでも言いましょうか、アイコンとプレビュー画面がクールなので、これは信用できそう…と。まぁ、一言で言うと勘ですが「見た目に気遣いが行き届いていると結構な確率で中身も優れている。」とはワタシの持論です。ところが、これはやはり大当たりでした。
車両設定画面表示設定画面 車両設定で走行距離計の単位、アプリで使う表示単位、それぞれ別々に設定。新規給油時は距離計のマイル数値をそのまま入力しても管理時には慣れたKm/Lを使う事ができます。トップ画面ではおおまかではありますが前回の燃費と今までの平均燃費、そしてグラフで燃費の推移を視覚で確認もできます。
 また他の便利な点としては、複数の車両を一つのアプリで管理できますし、ほとんどの表計算プログラムで利用できるカンマ区切り形式(CSV)にしたデータをエクスポートできます。これを iPhone の メール 経由でアプリを起動させてインポートが可能です。用途としてはバックアップとしたり、同アプリからだったらあらかじめ車両の登録をしておくことで外部からのデータを取り込めるので、家族に同アプリを使わせて別車両のデータを定期的にエクスポートしてもらうと支出管理に便利そうです。ただしパソコンで作成したデータの場合ですと、メール本文に専用リンクを追記するなどちょっとした工夫が必要になります。
 これまでは某燃費管理サイトをdocomoでパケット通信をして使っていました。そこを利用すると燃費だけじゃなく、オイル交換やタイアローテーションの時期もアドバイスしてくれるのですが、このアプリがあればワタシの本来の目的である燃費データの管理には十分ですし、なにしろiPhoneを使う楽しみは満たしてくれるので、あっさりと鞍替えとさせていただきます。

 それからワタシだけの問題なのですが、メーターの適合違いが原因で距離計が過大表示してしまっているので、正しい数値に直してから(×8/9)のAccuFuel10/6入力と以前と少し手順が変わりました。
9/17 宇都宮給油時…表示44393mile→実際49942.0mile
今回10/6 宇都宮給油時…表示44515mile→実際50079.2mile
給油量…20.56L
1L単価…¥165
mile燃費…6.7mi/L
km燃費…10.7km/L

 上記画像が AccuFuel のトップ画面。中央の左側の数字は最新の燃費(Km/L)、右側はこれまでの平燃燃費(Km/L)を表しています。(小数点以下は四捨五入のようです。)

 2009/1/21 追記:今日まで何気なく使っていましたが、気がついたことがあります。このアプリ導入以前はマイルからキロメートルへの変換には「1.6」をかけていましたが、 AccuFuel はキチンと「1マイル=1.609344 キロメートル」と細かく計算処理してくれています。このことを知って数字を扱うことの責任感を喚起させられました。

車内音楽事情(4)iPhone3G を mini に

 iPhone3G を手に入れた事でカントリーマン用にキチンとそれに対応したカーステが欲しくなりました。今までは外観の古っぽさでBCLラジオや型遅れのカーステなどを選んで工夫して使用していましたが、使いたいアイテムが最新鋭となると、それらとの性能のギャップの大きさがついに限界に達してしまったように感じています。ですのでここは iPhone3G に誘われるようにしてちょっとだけ時代の波に乗ってみようと思います。

 とはいえスピーカーの導入の時でも申しましたように、
 追加する装備品が1960年代のクルマの雰囲気に合わないと思える場合には、
「シンプルにスマートにスムーズに」を心掛けています。
 具体的には、

  • 車体側への加工は最小限に。
  • 元に戻す術がない方法では手を着けない。パテ埋め〜塗装で復元できる鉄部のビス穴程度の加工なら構わないが、修復困難と思えるファブリック等には手を出しません。
  • 装備品本体と配線などの取り回しの存在感は最小限に。
  • 本体デザインにも注意したい。
  • 安価で入手できること。(筆頭必要条件かもしれない。)
 それでワタシが現状でベストチョイスと思えたのはこの機種。フロントAUX入力、USBメモリ対応【iPhone使えました】 カロッツェリア
CD/USB/チューナー・WMA/MP3/AAC/WAV対応メインユニット DEH-P530
 カロッツェリア CD/USB/チューナー・WMA/MP3/AAC/WAV対応メインユニット DEH-P530 です。
 ワタシがカーステに対して一番気にしている外観については、黒とメタリックを基調としていて操作ボタンもほとんど排したデザインなので合格です。おそらくデザインコンセプトは iPod touch を意識したのではないでしょうか。Macerであり、多くに於いてシンプル好きなワタシには嬉しいことです。
 メーカーカタログによる対応機種には発売時期のズレにより iPhone3G の名はありませんが、記載のある iPod touch と仕様はほとんど変わりないので使用に問題はないと判断しました。

withBooster受信基地から遠くて聴きにくかった方へ!VICS対応★高感度向上Catch Hunter ラジオブースター AM/FM/VICS対応 VA−100−2 取り付け位置は助手席側ダッシュ下。良い機会なので  ラジオブースター も増設しFM受信環境も強化しました。一旦は運転席側への設置も検討したのですが、ヒーターへの太い外気取り込みダクトがあるためにどうしてもユニットが前面に出てきてしまい、存在が気になって仕方ありませんでした。やはり現代の利器は極力視界から遠ざけ目立たぬようにしたくて、このように助手席側の目一杯奥に取り付けました。

カーステめいっぱい奥に設置 これで運転中は全く視界に入りません。ディスプレィ表示を確認するのは屈み込んでやっとです。(あれ?あんなに気にしていた本体デザイン云々が関係なくなってしまいました)見た目重視で音量調節やソース切り替えなどの操作のし易さは二の次です。

 しかしながら、これまでのiPod対応カーステに今までありそうでなかった「iPod本機の機能を操作する」新機能が備わっているのでさほど不便は感じません。残念ながら音量操作だけはできませんが、それ以外の楽曲選択などは接続した iPhone 普通に行えます。まるで iPhone がディスプレィ付きのワイヤード・リモコンのようです。

カロッツェリア CD-R500 リモコン carrozzeria (2009/1/23 追記:
 次期モデルチェンジに合わせて発売となった carrozzeria リモコン CD-R500 を購入しました。やはり音量の操作には必至です。これですっかり快適そのものとなりました。:追記ここまで)

 Tuner_Internet_Radioさらに iPod機能ではなく AppStore にて購入したアプリ Tuner Internet Radio が使えるのがとてもありがたい。ワタシはこれで3G回線でインターネットラジオ局の "SKY.FM - All Hit 70s" 等にアクセスして聴いています。自分のライブラリには無い楽曲をランダムに聴けるというこれは iPod にはできない iPhone ならではの楽しみ方です。

アラート 唯、気になる方には気になるであろう「機内モード」への切り替え推奨アラートが接続させる度に iPhone側に表示されます。 ここは気にせず「いいえ」で対応で問題ナシです。仮に無視していても表示は自然に消えます。 

 今までデザインや設置方法が理由で納得できる組み合わせが見つからなかったミニへの音響装置でしたが、 BOSE 501Z 、DEH-P530 、iPhone3G でようやく出来上がった感があります。

 それにしても最近は多ジャンルにて商品デザインがシンプルで上質になってきているように思います。先日買った液晶テレビもそうでした。これってやはり iPod touch & iPhone の影響では?と思うのはワタシがMacerだからでしょうか。

記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ