本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

来た!かの国から

no title北での仕事中に英国から待望だったウッドトリムが届いたようです。既に届いていて開封していない荷物と合わせて三つ揃ったところで今季の「マイ円高還元祭」は終了です。胸躍らせ帰宅して参りましたので、早速それらが届いた順番に感想を交えレポートします。

荷物1開封1最初は mini spares 。ここのオンラインショップは自動オーダーシステムで会計までストレートです。ですがそのあと、レシートやら発送手配やらをマメにメールしてくれます。おかげで伝票番号による荷物追跡もし易いです。海外通販に不安のある方にはかなり安心できるショップではないでしょうか。荷物が届くのも早く、発注してから6日で着きました。今回の大きさの荷物に関しては発送業者は UPS で、日本国内ではヤマト運輸が代行しています。

荷物2開封2次は先日に追加注文した分の
 Mini Sport Ltd 。先に頼んだウッドトリムのトラブルでメールのやり取りをしているうちにこっちは届いちゃいました。ここも自動オーダーシステムですから、別の注文と同梱するかどうかなんて聞いてきません。だからといってダメなショップということではないと思います。トラブル時のメールでの対応に誠実さは見られましたし、別オーダーの同梱なんて普通やってくれません。ただ品物が届くまでなんの連絡もありませんでした。この荷物は軽量のため国際郵便だったのですが、もうすこし大きな荷物で民間の輸送業者で送る時なら連絡があるのでしょうか。と、心配な要素がないわけではありませんが、取り扱い品目の多さとセールの値引率には魅力を感じるショップです。

埋まってる木枠木枠最後がウッドトリムを含む荷物。先のキャンセル交渉と同時進行で探し当てたショップ bull motif mini spares からです。ウッドトリムと一緒にキャンセルしてしまったオイルエレメントとエアエレメントもこちらに頼みました。ウッドトリムは破格のプライスでしたので、むしろ先のトラブルの発生は結果的に良かったかも。他に安いところがあったからなんて理由でキャンセルはできませんからね。こちらのショップはオーダーしてから一旦在庫確認と送料の見積りの連絡がきてから決済に進みます。ワンクッション手間と時間がかかりますが、丁寧で安心だし好感が持てます。クーラント漏れ床ぬれその間にヒーターコアからの水漏れが始まったのですから、タイミング良過ぎです。迷わず注文しました。実はステンレス製の燃料タンクも注文したのですが在庫切れとの連絡がありオーダーはやり直しています。この荷物も業者はUPSです。しかし発送伝票番号などの連絡は無かったです。日曜日に注文して金曜日には届きました。送料は先払いでしたが、輸入品に生じる消費税¥1400-と地方消費税¥300-を到着時にヤマト運輸に支払い。先の二つは小物と判断され免税となっていましたけど、これはガサも大きいし申告してある価格も¥5万以上なので課税対象になったのでしょう。これくらいは送料の誤差分と思えばたいした出費ではありません。しかしなんといってもウッドトリムとヒーターコアの在庫があり値段もリーズナブルだったのは収穫でした。

今回、どうも段取りがイマイチで三店から買い物をすることになってしまいましたが、できれば一つのショップで全て買うのがベストだと思います。送料の節約になるのと、ダンボールなど梱包材の後始末が大変だからです。特にシュレッダーダストは勘弁してほしい。でも、現地の英字新聞そのものはただ眺めるのも楽しいし、フリマで梱包に使うとお客さんにも喜ばれます。英国でも数独ウッドトリムを包んだ新聞に遊んだあとの数独パズルがあったのは、なんとも微笑ましかった^_^

*気になる木になるウッドトリムの値段は↓ 

英国からパーツを取り寄せるということ

英国からミニのパーツがいつ届くのか心待ちにしていたワタシですが、大本命であった木枠を注文した Mini Sport Ltd から残念なメールが来たのが1/18のこと。
その残念な話を要約すると「£504.98 で注文受けた木枠なんですけど こっちの都合で £678.82 じゃないと売れません。追加料金を払ってもらいたいのですがいいですか?キャンセルしてもいいですよ。」だそうです。その差額日本円にして約二万円。これは痛い。
しかし不思議な話です。HP上で堂々と値段を掲げ、しかも更に15%オフとまでしていたのに、表示を間違ったとでも言いたいのかな?。
で、すこし悩んだのですが「残念で悲しいことだけど、その値段でも了承するよ。」と返信しました。これでスムーズに発送まで手続きしてくれるのかと思いきやそうではありませんでした。
返ってきたメールに「それじゃ供給元から届いたら手続きする。」とあったのです。察するにどうやらどこか英国外の供給元が要求してきた元値と先のHP上の値段に食い違いがあって利益が出せなくなるとなって最初のメールが来たようです。これがまた時間がかかりまして10日絶っても音沙汰無し。待てよ…ひょっとして供給元って日本だったりして。この値上がり幅と納期の遅さからそんなことを勘ぐってしまいます。ていうかせめて2~3日で発送体制にできる範囲で取引するか
在庫してほしいものです。
ワタシはこれで気が代わり、やはりキャンセルすることにしました。あちらも譲歩してきて
£585.00 にまで値段を落としてきましたが、お断りして他の店を探してそこで買うことにします。
数日後、カード会社に通知されていた請求情報も消えたのでキャンセル処理はキチンとしてくれたようです。

と、こう書くと簡単に見えますが、交渉はもちろん英語なのでワタシにとっては面倒なのと意思の疎通がとれているのか不安でした。(あちらもそう思っていたでしょうけど)
海外通販はこうした予期せぬトラブルも覚悟して望むべきでしょう。

乾燥注意

パックリ冬は空気の乾燥に要注意です。この時期になると某製薬会社の手荒れ治療クリームのCMで、手の皮膚がパックリと割れているカットを見せられて怖い思いをするのですが、それを見てそういえばミニのシフトブーツもパックリいっていたことを思い出し、先週注文したばかりの Mini Sport Ltd に追加注文することにしました。このパーツは15年の間でこれで三個目。これは形状か材質のミスではないだろうか。今度は新品状態から何か対策を講じてやろう。でもこの一点だけの注文だともったいないような気がして何か無いかと考えてみて、そういえばワイパーの根元がぐらついていたので「ワイパー・ホイール・ボックス」も頼むことに。
 木枠を含む先の注文についてはなんら連絡はありませんが、あちらが気を利かせて黙って同梱にしてくれることはないでしょう。ワタシも英語で交渉するのは苦手ですのでこのまま静かに両方の到着を待つことにします。 

円高ですが

円高の影響で煽りをくっている国内企業も多いかと思いますが、悪いことばかりではありません。海外からの品を購入するには好機ではありませんか。昨年はなんとなく見送っていたミニのパーツの海外通販を今年こそ実行します。
 ワタシはカード利用ポイントが倍付けとなる誕生月の今月の到来を待って、たまたまセール中だった Mini Sport Ltd と、セールはしていないけど物量豊富な mini spares に アクセスしました。

 以下に買い物リストを公開します。

ブレーキOH

 今日は車検を控えたカントリーマンのブレーキと格闘。
 まずは前回リアのブレーキホイールシリンダーに試してみた「カップとダストカバーについては信頼できそうな国産品"seiken"のを使う」(参考HP: ガレージミニ ノースランド 札幌)の使用感の報告もいたしましょう。
 カップのサイズ重視のため、入手した同キット内のダストカバーはがかなり小さいことが心配でしたが、二年間の使用にも耐えて柔軟さは維持しておりました。と、いうわけでここに堂々と型番を発表。
 『メーカー:Seken 型番:SK41581R3』
 本当にダストカバーが小さくて無理に思えるかも知れませんけど、気合いを込めればちゃんと嵌まります。

 次はフロント側。ウチのはフロントも当時のままのドラムブレーキです。これがもしもリーディングトレーディングならばリアとサイズは同じなのですが、ウチのは方式は2リーディング。そのためサイズが大きいのです。
 前回でも念願だったフロントの15/16インチ(23.81mm)のカップの国産品の入手はとりあえず断念。素直にDelphi製のカップキットを使いました。

 しかし前回もおんなじ事を感じたのですけど…やはりプロに任せた方が賢明な作業。
 特に今回は日頃の疲れのためか作業がはかどらないことしきり。あいかわらずフルードとシリンダーに発生していた錆で手が汚れますし、なにより命を預ける大事な部分である。特にブレーキの効き具合の調整はワタシには難しい。もう懲りました。今後はブレーキ関連は主治医にお任せにすることを決意しました。
今回のパーツ代
国産流用品 リア ホイール シリンダーリペア キット 3/4inch ……………………… ¥605-
ブレーキカッップ用ラバーグリス ……………………… ¥450-
フロントブレーキシュー ……………………… ¥3,675-
PAT No.GRK2002 フロント ホイール シリンダーリペア キット(GWC126/127用)内径23.81mm ×4 ……………………… ¥5,040-
  MOTUL DOT4 ブレーキフルード ……………………… ¥1,470-
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ