本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

オイルパン補修

今までオイル漏れについては何度か話題にした事があったが、その箇所は様々であった。これまで経験した箇所は
  • クラッチオイルシール
  • タイミングチェーンカバー
  • デフサイド
  • ヘッド
  • フロントプレート
逐一対処してきたつもりでも未だエンジン下の地面にオイル染みがなくなることはないのである。
最近気になっているのはフライホイールカバー下とスターターモーター取り付け部分がオイルまみれなところ。場所がここと言えば原因はおそらくまた「クラッチオイルシール」だろう。走行中にも時々クラッチが滑っているように感じる。交換せねば。何度も経験していることだがこれはもう持病みたいなものだ。

しかし見慣れない箇所からのオイル滲みとなると平常でいられず気が気ではない。今度見つけたそれはドレンボルト付近からなのである。これを発見した最初は前回のオイル交換時でのボルトの締め付け不足かと思ったがそうではなかった。ドレン穴からではなく別の近いところの壁面から滲みだしているのだ。

過去に話題にしたことはなかったが実はここがパテで補修してあることはミッションのオーバーホール時に気がついていた。ミッションケースのフィンも何カ所か欠けたりしているので、かつて強打でもして割れたのだろう。しかし今までなんの問題も起こさないでいたが、それもついにオイルパンとパテとの接着が剥がれた様子。過去にぶつけた運転者にも修理人にもとやかく愚痴を言うつもりは無い。ただ巡り合わせとしてワタシの手で新たに補修する時が来た。それだけのことだ。

DEVCON という補修用パテの存在は耳に入っていた。しかし量と価格がワタシのようなシロウトを躊躇させる。
耐熱金属接着剤です!ジーナス GM-8300-44g そこでワタシは 耐熱金属接着剤 ジーナス GM-8300-44g というものを選んだ。44gと少量だし価格も手頃。
これを買うため地元の アストロプロダクツ に向かう。日中は忙しい身なので普段はどちらかというとネット通販を利用することが多いのだが、今日は対面販売ならではと、この商品について店主の意見を伺ってみた。まず第一にオイルパンの補修には利用可能かどうか。これはOK。第二に下準備方法についてアドバイスをもらう。特に気になるのは脱脂について。店主によるとそれには 【アルミ用水溶性脱脂洗浄剤】WAKO'S ALCアルミクリーン がお勧めだという。そりゃチト高価だし量も多すぎる。ワタシが「ガソリンか灯油じゃダメ?」と聞くと「ホワイトガソリンか白灯油ならばいいでしょう」とのこと。ならばウチのColemanのランタンに入れっぱなしのホワイトガソリンを使うことにしよう。素直に聞いてみてよかった。そういえば以前に機械式時計のオーバーホールをするのにホワイトガソリンで洗浄すると習ったことがあったっけ。

帰宅後、すぐに下準備。エンジンオイルを排出したのち、古い補修パテをタガネをあてて全部取り除く。すると縦3cmほどの亀裂が走っているところが顔を出した。ここを中心にして教えどおりにホワイトガソリンで脱脂して準備完了。
それではメインでありますアルミパテを計量し混和する。付属品がシステマチックにできているので作業が難しいことはない。説明書どおりにすると一回の使用量が決められてしまうのだけれど補修箇所がよほどの大小でない限りは問題ないだろう。むしろ適当に混ぜてしまって硬化しないとか強度がでないほうが困る。
パテと言えば粘土状かと思いきや均一に混ぜ終わると、モルタルや漆喰のような スラリー な状態。これをまさに壁に塗るがごとくミッションケースの亀裂箇所を中心に擦り付けていった。仕上げには硬化後の表面が滑らかになるようにポリエチレンのシートで覆った。硬化はゆっくりのようで作業が慌ただしい事も無いのもシロウトであるワタシには良かった。
一晩放置して完成。大成功である。(完成後の写真はのちほど)

16th Japan Mini Day in 浜名湖(11/1準備〜往路編)

硬めのオイルをお探しの方!バルボリン レーシングオイル1Q(0.946L) VR1 20W-50 SM 11/2日曜日のイベント 16th Japan Mini Day in 浜名湖 に参加となるとロングドライブは必至のためオイルくらいは新しく交換して望みたいもの。それから冷却水も補充しました。簡単ではありますがカントリーマンの点検はここまで。

衝立て 次はフリマの出品商品を積まねば。何を持っていくかは荷室の容量と相談しながらなのでこれが結構ムズカしい。しかも屋根まで荷物満載となると、カントリーマンにはドッグネットなんぞは無いのでブレーキング時に荷物が後頭部に飛んでこないような工夫も必要です。(過去に痛〜い経験済み)今回は折りたたみの椅子を衝立てにしました。
荷物満載 と、なんやかんやとまるでパズルのような荷物の積み込みは完了。今年も出品するコルゲンコーワの店頭カエルは今回は台付きなので荷室には入らず、相方には申し訳ないと思いつつ助手席占拠です。

 出発は前日の23:00。去年は当日朝4時の出発で忙しい思いをしたので、今年は早めの出発です。途中で仮眠をとるためと、4時前に東京料金所通過してETCの割引を最大限に効かせる狙いもあります。去年は乗降りし放題の周遊プランを利用しましたが、今年は首都高を除いて深夜(0-4時)割引が50%OFFに拡充されているので、事前申し込みもなく走行時間帯だけ工夫すれば十分に割安です。宇都宮上三川I.C.から全線高速道路にて一気に会場最寄りの浜松西I.C.を目指します。

11/02 宇都宮上三川〜浦和本線 ¥2,750 → 早朝夜間割:¥1,400
11/02 首都高 川口線(東名道接続) ¥700 → 深夜割:¥540
11/02 東京〜浜松西 ¥5,550 → 深夜割:¥2,800

道のり iPhone の マップ での検索結果では延長394kmで予測時間5時間32分。途中休憩しつつもフリマの準備もあるので開場の6:30キッカリには到着したいところ。
 しかし 途中眠くて眠くて、知る人ぞ知る牧之原S.A.のトラック乗務員用の休憩室を拝借。仮眠を多めにとったので、到着は7時ちょっと過ぎになっちゃいました。す ると、もうほとんどフリマの場所が埋まっていて、選べる余地がありません。みなさん慣れてらっしゃるのか準備が早い!とりあえずイベントスタッフさ んに空いてるところを探していただいて設営場所を無事確保できました。

オイル交換を忘れていた

FIAT PANDAのオイル交換をすっかり忘れておりました。

Castrol カストロール Motor oil SL SAE 10W-30
4Lオイルは前回の残りもあったので継続して同じカストロールXLX を記憶にあったパッケージデザインを頼りに売り場を探しますが見つからなくて「はて?」。期間セールのコーナーでいつもより¥300-安い値段のオイルを 見つけましたが、これがまさにいつものオイルでした。デザインが一新したんですね。

実施時走行距離……………約 82029kmで目標としていた交換タイミングを1029kmオーバー。実に10ヶ月ぶりでした。
次回は3000km走行後の85000km、または半年 後には実施したい。と、前回も言ってたっけなぁ。

今回のメンテ代
カストロールXLX 10W-30 4L  ……………………… ¥998-
オイル処理ボックス ……………………… ¥245-

出発前夜

バルボリン VR-1レーシング(20W-50)明日、箱根に一泊旅行に行くので万全を期してオイル交換しました。前回の交換から 1000mileくらいしか走っていませんが半年は経っていますし、ミッションのオーバーホール直後ですから、むしろ遅すぎでしょうか。
今回の銘柄はバルボリ ン VR-1レーシング(20W-50)
地元のホームセンターで扱い始めたよう。気候も穏やかになったので硬めの 20W-50が選べるのはありがたいです。
NUTEC 【ニューテック】 NC-81 plus OIL-SEALING
【300ml】それから再発してしまった、どこからかのオイル漏れ。今日のぞいて見ましたが、どうやらまたタイミングカバーの 合わせ目から滴ってきてるようです。ここはラジエターも外さないといけないので、時間的にちょっと余裕ができたときにでも再挑戦してみましょう。そ れまでの誤摩化しといっちゃなんなんですが、オイル漏れ止め材NUTEC 【ニューテック】 NC-81 plus OIL-SEALING 【300ml】を添加してみました。洗濯糊のような粘度の液体をオイルと混合させながら全量を投入。効果は徐々に現れるんだそうな。
交換時の距離計表示は43072mile。
夜間作業今回のメンテ代
バルボリン VR-1レーシング(20W-50) 946ml×6(予備を含む)  ……………………… ¥3,300-
オイル処理ボックス ……………………… ¥298-
NC-81 plus OIL-SEALING ……………………… ¥5,920-

休みの日はオイル交換

カントリーマンの車検が終わった後はFIAT PANDAのオイル交換。


車体前をジャッキアップしたら、オイルドレンボルトを外すのに下に潜るのですが、ジャッキだけでは危険なのでラック(ウマ)を架けます。

ドレンを目指すのにキャスター付きの寝板があると楽なのですが、我が家のクルマのメンテナンススペースは砂利なので、レジャーマットを敷いたところで寝そべって作業しています。ちょっと厚手にできているタイプなので砂利のゴツゴツした角があってもあまり違和感を感じません。ウチのと違って巻き癖のつかない折りたたみタイプもあるようです。
選択したオイルは前回の残りもあったので継続して同じカストロールXLXにしました。

実施時走行距離……………約77950kmで950kmをオーバー。
次回は3000km走行後の81000km、または遅くとも半年後には実施したい。

今回のメンテ代
カストロールXLX 10W-30 4L  ……………………… ¥1,298-
オイル処理ボックス ……………………… ¥298-
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ