本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

またオルタネーター?

 ルノー・エクスプレスのトラブルです。

IMG_1148 異変に気がついたのは
エクスプレスの飼い主である妻。エンジン始動させてもインパネの充電警告灯が点灯したままで、空ぶかしや走行しだすなどしてエンジン回転があがると消灯する。のだと。…って、書き出しは過去のフィアット・パンダの時とおンなじパターン(^_^;)
 幸いその時と違うのはエクスプレスが一旦エンジンがかかってさえしまえば、発電無しでも走れてしまうディーゼルエンジンであること。セルモーターとグローのための電気が残っている限りは入院まで猶予があります。
 症状が確認できたのは年の瀬も年の瀬の昨年の12/28。入院させても工場がお休みになってしまうのので、年が明けて昨日まで騙し騙し走らせておりました。最初のうちはエンジン回転が高くなると消えていた警告灯も、もう消えなくなったのでここらで潮時か。昨日、工場に預けてきました。
 パンダの時のように、オルタネーターのリビルト品になるか、ブラシやレギュレーターだけの交換で済むかは、工場からの回答待ちであります。(純正ASSY交換は最終手段にしたい。だってお高いんでしょう?)

排気漏れ

IMG_0942先日車検を受けたばかりのエクスプレスですが、日も浅いうちに排気音に変化が起きました。音量の増大とともに、前からも聞こえるような感じなのです。エンジンがかかったままボンネットを開けるとユラユラと煙が上がっているのでマニホールドとの接続あたりが外れていそうなのはすぐにわかりました。明かりを照らしてみて見ると2カ所の留めの片方(写真)が外れています。残っているもう片方と比べるとスプリングを押し縮めるようにフランジナットで固定してあったはず。どこかに落としてきたのでしょうか。その気になれば残っているスプリングとナットを手にジョイフル本田あたりで似た部品を探し、下から作業するためボディをジャッキアップ、外れたマフラーの位置合わせにもジャッキを使って…と行程はひととおり思い浮かぶのですがそれにかける時間と労力はパスすることにして、いつもの主治医に預けてまいりました。

エクスプレスのユーザー車検

Renault express の初車検です。これのために休日をとりました。
ネットで
ユーザー車検の予約をし、いつもミニで世話になっているショップで自賠責保険(今回は4ナンバーの貨物なので12ヶ月分)に加入するのはいつもの通り。 法令点検に必要な 定期点検整備記録簿 はPDFをダウンロードで入手し、ざっと大雑把に点検した。

検査当日。一巡目。 一通り灯火やホーンやワイパーなど見てもらい、車体番号と原動機が車検証と相違無いかの確認。IMG_0927車体番号はボンネット内の助手席側サスペンションがあるあたり。IMG_0928原動機はエンジンブロック上でオイルレベルゲージの後ろあたり。どちらもわかりやすいように黄色くペイントしてある。 検査ラインでエクスプレスがいままでのカントリーマンとパンダと違ったのは、ディーゼルの排ガス検査の方式。自分自身でマフラーに測定器を差し込んでアイドリング状態で検査するのではなく、係員がマフラーを覆うようなホース状の測定器を置いてアクセルを空ぶかしして行った。これは合格。 次からはいつも通り。ブレーキ、ヘッドライト、下回りの検査と続く。ブレーキ検査は後輪フットブレーキが不合格。ヘッドライトは助手席側の光軸が不合格。ちなみにヘッドライトバルブはH4ハロゲンにイエローのカバーが付いてるんですが光量的には問題ありませんでした。下回りは合格。そのまま場外へ出て近所の予備車検場で光軸の調整を依頼。ブレーキ調整はしていないそうなので、代わりに合格テクニックを教えてもらう。(でもその内容は非公開) 工賃¥2,500也。

二巡目。 ブレーキ検査は秘伝のテクニックも虚しくまたもや後輪フットブレーキが不合格。ヘッドライトはなんと入れ替わって運転席側の光軸が不合格⁉ ライトはなにかの間違いでは?ブレーキはパネルの指示どおりにワタシが操作できてなかったような気がするのだけれど…。

三巡目。 ブレーキ検査、今度はテクニックが功を奏したか後輪フットブレーキは合格。しかしヘッドライトが不合格…。予備車検場で調整してもらったのに…。検査官に聞いてみるとどうも左に寄っているらしい。もしかすると予備車検場での調整時、検査機に対し車体が斜めだったかもしれない。 このように三回不合格となると、再挑戦するには検査証紙を¥1,300-追加で買わないといけなくなります。正しくは「限定車検証」という
有効期間15日間のものを発行してもらうためで、それがあれば期間内に不合格部分だけ再度車検を受けられるというもの。でも車検の有効期限そのものが延長されるわけではない。ワタシの場合、有効期限残り一日なので明日までしかチャンスがないのだ。つか休みは延ばせないからなんとしても今日中に終わらせねば。限定車検証は発行せずにまた残り3回まで挑戦します。再度光軸を調整するためさっきの予備車検場へ。今度は気をつけて検査機にまっすぐ前進する。今度の工賃はタダ。

四巡目。 何度もラインにくるので検査官に心配そうに声をかけられる。いやぁ、お手数おかけします。今度はヘッドライトも晴れて合格。素直に三巡目前に光軸の再調整をしていれば余計な出費しないで済んだのか。

IMG_0932IMG_0934最後、新しい車検証の交付の段階でも問題が発生。前回の車検時の距離数より今回のほうが数値が若いというのだ。すぐにメーターをケイタイで写真を撮ったのを見せて確認してもらって、ようやく交付となった。距離数は自己申告だから前回車検時に間違ったのかも。


今回の車検を2年前の FIAT Panda の車検と比較した場合、一年あたりの車検費用は¥845-浮いた計算となりました。もしも FIAT Panda を継続していた場合と比較すると、自賠責保険の値上がりの影響で¥2,085-お得になったはずです。とは言え一年ごとに車検をするという手間は増えたので値段の差は相殺されちゃうレヴェルかも知れませんが、500cc分の排気量と荷物室の容量がアップしてこれぐらいの出費で済んでいることで良しとしようかな。というのがワタシの感想です。


本日の諸費用

自賠責保険(12ヶ月) ……………………… ¥14,190-
OCRシート ……………………… ¥40-
検査登録印紙(小型車) ……………………… ¥400-
審査証紙(小型車) ……………………… ¥1,300-
限定自動車検査証 検査登録印紙(小型車) ……………………… ¥400-
限定自動車検査証 審査証紙(小型車) ……………………… ¥900-
 重量税印紙(有効期限1年、車両重量〜2t、エコカー減免制度適応無し) ……………………… ¥8,800-
予備車検(光軸) ……………………… ¥2,500-

シート張り替え

seat01擦れてボロボロの運転席。みっともないので張り替えることにします。
シートはネットで見つけた部品取り車を扱うショップから手配しました。
注文する時に確認したのですが、シートは乗車率の違いからかダメになるのはやはり運転席のほうで、助手席のほうは生存率は高いようです。
助手席をシートレールごと取り替えることができたら楽なんですが、リクライニングのレバー位置などの関係上それはできません。移植される側する側双方をひん剥いて表面だけを交換することにして程度の良い助手席を入手しました。

IMG_0897まずは元の運転席をシートレールごと外したいのですが、シートレールを固定しているのはヘクスローブ(六角の星形の穴)ボルト。この手のボルトを扱うのはエクスプレスに乗るまでありませんでした。見てみると内張りの固定なんかにも使われています。これから必要となる場面もあるでしょうからセットで工具を揃えました。

IMG_0903シートを裏返して布をシートから外していきます。座面部分はウレタンごと外れますのでそれを交換。背もたれ部分は外していく手順でどうせ布だけになってしまうのでウレタンは交換しないことにしました。


new_seat完成です。見違えましたかね?運転席左側には本来あるはずの無いリクライニングのレバー跡の穴が余計ですが全体がボロボロだったことに比べれば微々たる問題です。

 

ワイパーブレード改造

先日、量販店で買ったボッシュのブレードは様々な取り付け方に対応しているのだけれど、ウチのルノー・エクスプレスのワイパーのアーム(マーシャル製)には適合しなかった。一見するとブレードに付属のアダプタを使わないでマーシャル側Uフック直付けにて簡単にいけそうなのだがそうではなかった、元々ついていたValeo製ブレードはアームを避けるような形状なのだが、ボッシュはアームと干渉してしまう。IMG_0889
角度的にこのまま取り付けたのではフロントガラスに接することができない。付属のアダプタを介すると干渉は避けられそうかと思いきやマーシャルの太さが9mmに対しアダプタの差込は7mmと小さい。 そこで止むなく買ってきたボッシュのブレードの干渉部分を削って対処することに。
IMG_0895IMG_0887一度手をかけてしまえば次回からは替えゴムだけで済ませられると考えました。 アームとの現物合わせをしながら、棒ヤスリでジコジコと削ること数分。錆止めのペイントをして完成です。
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ