本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

2009 CLUB305 THE FINAL MEETING

出発の夜深夜の御殿場への出発前にふと思い返す。
10数年ぶりだろうか。305へと脚を運ぶのは。
前に行ったのは'88年式の赤いミニ1000の時だった。当時は御殿場まで遠く感じたがイベントへの期待感も大きかったし、なにしろ若かった。今となっては運転も経験を積んだので距離的には楽に思えるが、齢を重ねてイベント事に冷めてしまった感があるし、それよりもバイタリティーがない。
最大級のミニのイベントでありながら開催時期が真夏。それだけで脚が遠のいた。それが今回をもってフィナーレを迎えるというのだから、ついに重い腰を浮かすこととなった。現場の雰囲気を確かめたい気持ちが富士スピードウェイまで向かわせた。
305でフリマそれにここ数年は自分だけのイベントの楽しみ方を覚えた。それはフリマへの出店。品物が売れる売れないはワタシにとってどうでもいいこと。それをきっかけにいろいろな方と知り合えることが大事なのである。イベントそのものが盛り上がっていようといまいと、誰と来るとか誰が来てるとか、それらのことが全く関係なく、楽しみを終始自己完結できるように意識が変わった。

イメージカットサーキットランの轟音を浴びながら日がな一日のんびりとした。惜しむらくは、一日中ほとんど店番をしていたので現地の様子をとらえた画像の手持ちがないこと。その代わりプロのカメラマンが撮影した オールスポーツコミュニティ に今回の模様が掲載されている。ただし閲覧と画像をプリントしたものの購入に期限があり9/28まで。

後日談:さきほどワタシの姿があるのかと探してはみたもののどうやらないようだ。「ウォーリーを探せ」のように自分のカントリーマンに良く似た車両(つまりはトラヴェラー。嗚呼ややこし)が当然ながらたくさんいて探すのが非常に疲れるのであきらめました。

大会は参加車両全台にてパレードランでの締めくくり。いままでならば「また来年」と手を振ってのお別れが「さようなら」「ありがとう」へと変わった。本当ならばミニ乗りの一人として305のフィナーレについて感傷的になるべきところなのかも知れないが、どうもそんな気にはなれない。ミニの生産が終わってから9年にしてようやく終わるべき時が来たのだな。そんな冷めた感想しか思いつかない。でも、こんな真夏のイベントも悪くはないな。そう思える。あの10数年前の自分が今の自分くらいの楽しみ方を知っていたら毎年参加しただろうに。しかし全てはあとの祭り。

Gas Cubby v2.0.1

以前紹介した iPhone の愛車管理用アプリ Gas Cubby がアップデートと値上げをし、合わせて無料版の Lite も登場したのでお知らせしておこう。

有料版と無料版に共通する最新機能は、

  • オンライン同期
  • データ登録の際のショートカット
  • 燃料についての統計一覧表
  • グラフに日付振り分け機能と平均ラインの表示
  • オクタン価のカスタム
  • リマインダー表示設定した期間や距離を過ぎている Service の数をホームのアイコンの肩に表示
  • デフォルト以外に追加した Service もリマインダーに通知されるようになった

機能が強化されたためか随分と値上がりしました。その代わり無料版が追加。無料版は機能は有料版と等しく全機能を使えますが、記録は5つまでとなっているようです。

新機能ならびに無料版を試してみようと有料版と無料版でオンライン同期させてみましたが無料版にもいままで入力済みの5つ以上の全データが入りました。特殊な使い方かもしれませんが 彼女の iPhone に無料版をインストールして FIAT Panda 用に使わせ、ワタシの iPhine と逐一同期させてデータを移せば制限は実質無くなる?

(6/1追記:無料版では有料版で作成した無制限と思われるデータとの同期は可能です。が、しかし無料版上では記録は5つまでとなっているためこれ以上の記録の追加はできません。どうやら有料版と無料版とシンクロさせての併用は無理がある。素直に有料版同士で同期させるより他無いようだ。我が家ではそれぞれ別々のiTunesアカウントを使っているのだが、アプリ共用のためには単一のアカウントを家族内で共用したほうが便利。との結論に至った。)

リマインダーお知らせ Panda のオイル交換などメインテナンスはワタシが担当しているのに走行距離を把握していないので、このアプリがお知らせしてくれると助かるのです。

そういやカントリーマンはオイル交換の時期が過ぎているのでリマインダーによるお知らせが表示されています。やばいやばい。

空襲被害

フロント着弾 仕事を終えて駐車場に行くと、とんでもない光景が。
 前日に洗車したばかりのカントリーマンが水玉模様になっていました。
 どこからともなくカラスの鳴き声が響いています。犯人はオマエか。
 駐車場には他の同僚たちのクルマもあるのに被害はワタシだけ。
ルーフ着弾 どうもカントリーマンは標的になり易いみたい。カラスの習性がボディカラーか洗車したての光沢に反応するのでしょうか?
 こういう経験はもちろん初めてではありませんが、今回は範囲の大きさが半端ではないです。おかげで二日連続で洗車するはめになりました。
 それにしても春は黄砂や花粉と洗車する機会が多いですね。ワタシは普段マメに洗車するタイプではないので、こういう時は遠慮もなくザバザバと水を使います。錆が怖いといえば怖いですが肝心なのは、窓周りにはあまり水をかけないこと、水気を丁寧に拭き上げること、走行で湿気を飛ばすこと、と思っています。

燃費3/5燃費3/10

3/5 宇都宮給油時…52008.0mile
給油量…17.955L
燃費…10.732km/L

3/10 宇都宮給油時…52063.3mile
給油量…8.589L
燃費…10.361km/L

 近頃暖かくなった気候にあわせてキャブのミクスチャーを春仕様とばかりに薄くしてみました。今後の燃費は変わるかしら?

燃費報告2/15

2/15燃費
2/15 宇都宮給油時…51883.3mile
給油量…19.918L
燃費…11.611km/L
●ヒーター点検によるアイドリングが過多だったことをご報告いたします。

新年の幕開け

 カウントダウンパーティーとは申しませんが、茨城県牛久市にございます高さ世界一の仏像「牛久大仏(牛 久阿弥陀大佛)」のお足下で修正会(初詣)の一環として奉納花火とライトアップがあると聞きつけ、サブカルチャーとしての側面での仏像好きとしてはレー ザー光線で彩られる大仏を一目見てみたく、また2009年は丑年ということもあり「うし」つながりで牛久で年越しを迎えるのも一興かとドライブがてら途中給油しつつ出か けて参りました。
←大きな地図で見る

12/31 上三川給油時…51209.7mile
給油量…19.83L
1L単価…¥105
燃費…6.5mi/L

 さすが場所が場所ですから来場者はほぼクルマで、23:30を過ぎての到着では駐車場はすでに満杯でした。こういう時に小さなクルマは便利です。ちょっとした空間を見つけて0:00前には大仏の足下に陣取ることが出来ました。
牛久大仏 会場でのアナウンスなどは一切無く、集まってきていた若者たちの自主的カウントダウンで新年の幕開けを知る。それに遅れて花火の打ち上げがキッカケ無しで始まったw。
←クリックでスライドショー
  七色に変化する大仏と花火はなかなかの迫力。無音で行われるイベントですが、ElectoricなBGMをヘッドフォンで聞きながらだとまさにトランスの 境地へ誘われるかもしれませんwww。しかし寒くて寒くて5分間ほどの花火が終わったら早々に引き上げ。考えていた胎内見学はしませんでした。(この日は 地上20mの3階まで。通常は地上85mの胸部まで可。)
 帰路はちょっと遠回りなのだけれど10日前に開通したばかりの北関東自動車道の桜川筑西IC〜真岡ICを使いました。これで最寄りの宇都宮上三川ICから北茨城方面へのアクセスが便利に。春になったらまた穂積家住宅にでも出かけようかと思う。春が待ち遠しい。

 申し遅れましたがここでご挨拶。
 「明けましておめでとうございます。本年も本ブログをよろしくお願いいたします。」

記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ