本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

カエル飼育のサポート

調子がよければどんどん増える!アマゾン・フロッグピット浮草の決定版!!アマゾン・フロッグピットSヤマトヌマエビ 1匹 先日引越しをさせたカエルの飼育瓶に水草の アマゾン・フロッグ ピット ヌマエビ 5匹を同居させてみました。水草には富栄養化した水質の浄化、ヌマエビには溺れてしまったコオロギを処理してもらおうかと目論みましたが効果のほどはどう でしょ。
国際カエル年ステッカーカエル

 それから、上野動物園に行ったという友人のお子様2歳から「国際カエル年」ステッ カーをいただきました。
 『まお君ありがとー』。

 それからそれから、普段コオロギを通信購入している ワイルドスカイ のご主人が執筆したという書籍を注文していたのが届きました。これを読んでもっと勉強してカエルの居心地のいい空間を作らねば。

 この ようにいろんなサポート、応援があってカエル飼育が成り立つのですね。これが飼育ではなくて環境保全という大きなサポートでカエルはもちろん、全ての生け とし生けるものが守られれば理想的だと思うのです。

カエルの引越し

地球瓶 だいぶ涼しくなったのでカジカガエルの引越しをしました。というのも今年から山に帰さず越冬に挑戦。責任重大です。
 カエル君に感じてもらえるかはわかりませんが、今度は人の温もりのあるリビングに移動します。ケージは煎餅屋や駄菓子屋で今でもお目にかかれるところもあると思う「通称:地球瓶」を選択。前回の蠅帳と同じくこれも古道具です。わざわざ古道具を使うのは苦労もあるのですが、これは自分に課した縛りのようなものです。その分うまくいった時の喜びは大きいのです。
水作 スペースパワーフィット専用バイオ カートリッジ★熱帯魚用・水中フィルター★水作スペースパワーフィットS【1011ペット】【1013ペット】 第一の問題はカエル飼育には必須なきれいな水の確保。前回のトイレの給水タンクでの新鮮な水の供給に代わるべく、熱帯魚用・水中フィルター専用バイオカートリッジを使ってみる事にします。このフィルターは水深の浅いカメ飼育などにはヨコ置きすることで対応できるところが購入のポイントでした。
 第二の問題は瓶の形状に起因すること。ラウンドなので、角形の水槽への設置を想定したフィルターが固定できないことです。固定用の吸盤が瓶の内側に届かないのです。固定しないとプカプカと浮かんでしまいます。この問題をクリアしないと地球瓶と買ったきたフィルターとの組み合わせで使う事ができません。彼女にも考えてもらってアイディアを頂戴したのは、アクリルの薄いシートにフィルターを貼付け、瓶の中ではシートを石の重みで固定するというもの。ナイス!おかげでうまくいきました。謝々。
隠れるカエル見つかるカエル カジカガエル(彼女はカッちゃんと呼んでいる)は新しい環境で早速隠れ場所を見つけたようです。このあと試し鳴きなのか短く「クエー・クエー」と鳴きました。気に入ったのかな?
 





カエルの家をリフォーム

一昨年の蝿帳蝿帳を改良 一昨年からのカエルの飼育ケージである蝿帳ですが、餌やりのし易さから扉の開くところを手前にくるように合わせていたところ、長方形の長いほうが手前になってしまい張り出しが邪魔でした。
 そこで扉を上下逆さまにして開閉方向を逆に改造することにしました。底の切り欠きも方向転換に合わせて新規に製作です。
蝿帳改良版 設置でできてしまう隙間は本ブログではお馴染みの ニトムズ 防水ソフトテープ で餌のコオロギが逃げ出さないように塞ぎました。今期は石の数を4つに増やしたし流木も置いてカエルが落ち着ける空間にしたつもりです。
 このあとカジカガエル君を接写で撮影しようとしましたけど、すばやく石の陰に隠れられちゃいました。一度餌を食らうところを動画なんかにしてみたいのですが、一昨年の個体に比べかなり警戒心が強いようで静止画すらなかなか撮らせてもらえません。カエルにも性格ってあるんですかね。

カエルの餌について

 カエルを飼育するのに必要なのは生きた餌です。アマガエルを飼育している時にはショウジョウバエを培養していたこともありましたが、どうしても気温の上昇する夏場に全滅させてしまいがちでした。フタホシコオロギも産卵〜孵化させて増やした事もありましたが、1令の幼虫(大きさは2mmくらい)を結露した飼育ケースの水滴で溺れさせて全滅させてしまいました。ワラジムシなどの野生の虫、言わば ジビエ- gibier のほうがエサとしては栄養的に優れていそうなんですけど毎日では捕獲するのも大変です。結局カジカガエルを飼育している現在は ワイルドスカイ でヨーロッパイエコオロギの5〜6令(大きさは15mmくらい)を通販で定期購入する方法で落ち着いています。これを1日に10匹程度与えています。
ユッカとオリゴ糖でダブル消臭パワー!ラビットフード クリスビータイプ 600g また、コオロギを餌用に保存するということはコオロギを飼育するのと同じ事になるわけなので、コオロギにも餌を与えなくてはなりません。コオロギの栄養状態の善し悪しがそれを食べるカエルにも影響するので手を抜けません。その辺に自然に生えている草でもいいのですが、ウチではドライ状態で管理も楽な ラビットフード を与えています。これが意外にもコオロギたちにはレタスなんかよりも大人気です。これだけでは不足してしまう水分のほうはスポンジに水を含ませて与えています。
 以前はワタシ自身がカエルの飼育を一手に担っていましたが、留守がちなワタシの代わりに今期から彼女に餌やりを手伝ってもらっています。ウチの彼女も多くの女性がそうであるように虫が苦手ときています。給餌筒付コオロギの保存ケース ナプコ クリケット キーパー Lそこで役に立つのが 給餌筒付コオロギの保存ケース ナプコ クリケット キーパー です。コオロギの習性をうまく利用して暗い筒に隠れている状態のまま給餌してしまうことが可能になるものです。これで餌やりを彼女に任せる事ができました。筒をゆっくり飼育ケースから引き出して給餌用に使っているガラスコップに移す際にあらかじめ AMVIT というカエルの必須アミノ酸を配合した粉末状のサプリメントを耳かき一杯程度入れておいてコオロギにまぶしてからカエルに与えています。ウチに来て不健康になったのでは申し訳ないですからね。

初夏の恒例行事

山にてGWが過ぎればカジカガエルを求めて必ずこの渓流に訪れること4年。今年こそ昨年果たせなかったまともな飼育レポートをしたいものです。折しも今年は 国際カエル年 。野生種を連れて帰るのに少々気が引ける思いは否めませんが、あえて身近に置く事で得られる意識もあるはずです。
天候/曇り 気温/20℃ 時刻/13:30
鳴き声のする方角と距離をつかんでから視線を低くすると、川面の石の上で無き声と同時に細動する物体が見つかりました。
背後から近づくも網を降ろすのと同時に気付かれて川の中に逃げられましたが、冷静に水中に目を凝らして、石に擬態して息をひそめる対象を発見。捜索開始10分で捕獲成功です。
捕われ面倒を見られるのは一匹だけですのでこれで今日の作戦は終了です。今日はまだまだカジカガエルの数は多くなかったので、率的にはツイてました。
さぁ、帰ってネット通販でエサのコオロギの注文をしなくては。
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ