本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

リア周りの変身

FullSizeRender「第一形態」では多くの方と同じように本国のリアライセンスプレートに日本のナンバープレートを重ねておりましたが、
「あと3回変身できるんですよ。」
とウチのカントリーマンが言ったとか言わないとか。

変身させるには理由がありまして、段差を乗り降りしたり路面の障害物で擦ってナンバープレートを曲げてしまわないようにするため、そして始めて宣言しますけど、将来的にはヒッチメンバーを付けたいがためなの準備なのです。

0BB7089F-44DD-4E6C-8B71-9ECA17C0E19D
そこでリアドアの右側にナンバープレートを移設するということは、左右逆ではありますがイノチェティ版と似たようになるので、どうせならもっとイノチェンに寄せてやろうとイタリアから取り寄せたワンピースリアバンパーへ交換し「第二形態」としました。



FullSizeRenderナンバープレートとライセンスランプをリアドアの右側に移設し、もはや飾りでしかなくなった本国ナンバープレートとそのベースプレートを撤去して「第三段階」に。当初の目標どおりの完成形かと思われました。

だいぶ見た目がすっきりして、ある意味では最強の姿なんでしょうけど、なんだかこれはちょっと寂し過ぎます。
ドレスアップは足し算ばかりではダメで、時には引き算が必要なのはもはや常識なのですが、ウチのカントリーマンには英国車の証しである登録地と登録時期を示す文字列は見た目以上に必要だと感じました。やはりこれは元に戻します。

FullSizeRender本国プレートを照らすライトは必要ないので始めはアルミ製のライセンスプレートを直にブラケットに付けてはみたものの、土台のベースプレートが無いと強度的に不安です。ライセンスランプの余白というか余黒が気になりますが、ベースプレートも結局元に戻しました。余りスペースを埋めるのにはステッカーかバッジかリフレクターか何がいいのか物色を開始。リアドアの左側は空隙があって侘しいのでGBの国籍プレートを追加してバランスを取りましょう。最後にボディサイドだけ木枠を付け、この状態で袖ヶ浦のニューイヤーミーティングに行ってきましたよ。

IMG_0471
しかし、リアドアの木枠が無いのはなんとも間抜けて感じます。それから約2ヶ月かけてリアドア木枠の取り付け作業をしている時になんとなく本国ライセンスプレートの両脇のランプがあった余黒な場所に「吊り下げでない直付けのワイパックのリバースランプがつくのでは?」と考えました。

IMG_0492AE211397-EC8C-4279-96E0-2D5D8726B4423月2日に全ての木枠装着完了を経て、自分のちょっとした思いつきは外れることも多いのですけれど、直付け型のランプ2個はライセンスランプの抜けたスペースに上手く付きました。一度は省いたベースプレートが強度確保以外の役割ができて良かった。もちろん右側にあった吊り下げ型のリバースランプは撤去です。
足したり引いたりを繰り返し、紆余曲折を経て、ここに″最終形態の50%″の変身が出来上がったのではないでしょうか。

あとは″最終形態の100%″であるヒッチメンバーの装着が実現できる日が来るのかどうか、ワタシ自身も楽しみです。


『リアドアに木枠を付けるなら取付穴は塞がなくても良かったのでは?』
これに対しての回答があります。

リアドアに木枠は付けましたが新たに穴は空けていません。

どういうことかと言うと、
両面接着テープ スポンジフォーム 多機能 厚手 幅25mm×長さ10m×厚み1mm 高粘着 すき間用防音 自動車内装用 DIY・クラフト 多用途


これを使ったからです。

接着力はなかなかなので、元に戻すのにはひと苦労するかもしれませんが、やってやれないことはないでしょう。
そこまでして外さなければならない理由は、ラドフォード仕様のようにデュオトーンにする時のためです。それもいつ実現するのかしないのか、なのですけれど。そのためには、あのパーツ、このパーツが手に入らないことには、なのですけれど。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman
Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。乗っている時間よりも修理やカスタムしている時間のほうが圧倒的に長い。2018年秋に車体色をアイランドブルーからマルーンに変えました。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ