本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

RING

ご無沙汰しておりましたね。そこそこ元気にやっております。車の話もあるにはあるのですが今回はiPhoneのこと。

あれから新しい iPhone が出る度〈ほぼ毎年〉購入してきまして、先月も6sから7Plusに変更しております(自分としては、5s発売の時はスルーしてその1年後に5から6と変更し、そのタイミングで家内の4Sは周回遅れで5sに変更。5cと6Plusは選択から溢れた)。

思い返せば iPhone6Plus が発表された時には「あんなデカいもの手に余る」と6を選択したものの、慣れとはおそろしいもので6sの4.7インチからの移行だと7Plusの5.5インチにさほど違和感は感じません。むしろ違和感どころか大きな画面に慣れてしまうと小さい画面の前機種が急に使いづらく感じてしまう。しかしそれは画面上の文字の見え方だけのこと。全体的な使用感としては〈かなり持ち辛くなった〉〈今までなんとか片手操作できていたものが遂に親指が届かなくなった〉のが気になるところ。

6sの時点で〈ちょっと持ち辛くなった〉とは既に感じていて、「これは落としてしまう」と確信し〈裸族〉から脱してソフトケースを使い始めたのは側面形状がラウンド化したことが原因です。テーブルの上などに置くと持ち上げる時に一苦労することも。でも、極薄なソフトケースは雰囲気を損ねることもなかったし、滑らない材質はラウンドした側面でも容易に掴み上げることも可能になりました。うっかり地面に落としても本体は損傷しないので大変満足しておりました。

今度の7Plusになって、側面形状は変わらずラウンド、更にサイズアップ、ちょっとした傷でも気になるであろうジェットブラック、の三拍子揃ったとあってはやはりソフトケースは必須かと、本体到着前に購入して準備しておいたほど。しかし、これは失敗でした。ジェットブラックのツルツル表面と私が購入したソフトケースのツルツルな内面は相性最悪。密着した部分が水溜りのような模様を発生させてしまいます。これは内面に細かなドットを施したソフトケースを選択することで回避できることはわかりましたが、仮に装着してみて感じた不具合はやはり〈大きさからくる操作のし辛さ〉です。

これを解決するのはその存在は以前より知っていた〈背面リング〉でしょう。
中にはケースと一体になっているものもありますが、私の選択したものは美しいジェットブラックを〈裸〉に見せて、操作感だけ補えるものです。
取り付けて人差し指か中指を通しておけば不意の落下を防げますし、握りを工夫すれば右上の角にだって親指でタップ可能になるスグレモノ。

実はこれは私が購入した二個目のリング。今回はこの手のリングでは元祖らしい BUNKER RING にしました。前回、安価に吊られて他の物を購入したのは失敗だったかもしれません。使用して1ヶ月もしないうちに台座部分のプラスチックが割れてリングが取れてしまいました。元祖も廉価品も同じプラスチックなので、これが品質の差なのか自分の使用方法が原因なのかはわかりませんが廉価品は避けたほうが無難と判断しました。

理由は壊れたこと以外にもありまして、リングをスタンド代わり(縦向き時)にしたかったのに7Plusの重量に負けてリングが閉じてしまってまるで用を足さなかったこと(横向きでは使えた)。
imageその点では BUNKER RING はリング部分の開閉時の抵抗感も程よくあってスタンド使用もこなしてくれています。

今日、紹介したいのは【縦向きでスタンド使用するのにはちょっとした取付時のコツがある】ということ。

image開いた時のリングをiPhone本体の中心(または中心よりも上、しかし上にし過ぎると指掛けホールド時にホームボタンに親指が届かなくなるので注意)になるように取付けること。下寄りに取付けてしまうとバランスがとれなくなって立ちません。

取付時に意識するのはリングの回転軸ではなくて、リングを挟んでいる部分。ここをiPhone本体の中心に合わせて取付するといいです。

テーブンに平置きするときにも浮いたようになるので取り上げ易くなります。


記事の最後ですが、もうひとつサイドストーリーがありまして……

先週、壊れた最初のリングから新しい BUNKER RING に交換しようとした本当に矢先にiPhoneを落下させて液晶にヒビを入れました。そういうことが怖くてリングを付けようとしているのに取付前に落とすとはなんたる不幸、ではなく私の不注意ですね。
それで、液晶の修理依頼でAppleに7Plusを預けてるあいだ、家内がSEに交換する前に使っていた5sを代替に使っていましたが、薄くて軽いし取り扱いのし易さはiPhoneの中ではこの筐体が一番ですね。使い始めこそ画面の小ささに「もう古い機種には戻れない体になってしまった」と思ったものでしたが、最終的には携帯電話としての大きさのベストはこの大きさであるとさえ思いました。7Plusはちょうど1週間で帰ってきたんですが、液晶交換の料金で本体まるごと交換してもらって驚いています。対応がよくてApple様々なんだけど、これまでiPhoneを使い続けた私が思うには、5s以降の機種デザインは、ちょっと、やっぱり、アレですよ……。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ