本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

イタリア語の説明書を翻訳

エクスプレス用にとオーダーした水温計が届きました。
速度計に純正採用されているのがイタリアのVEGLIAなのでそれに合わせたものです。未使用品で取付説明書付き。
ご覧のとおり説明書もイタリア語なのでチンプンカンプン。水温計の取付方法なので勘に頼ってもいいのですけど、これをちゃんと翻訳してみようと思います。そこで登場するのが、翻訳コンニャク…だったらいいのですけど、現実はWeb上のGoogle翻訳にて文章を見ながらちまちまと写経さながらにタイプして翻訳です。でも英語ですら怪しいワタシでは馴染みの薄いイタリア語をタイピングする気力はありません。この文章画像をテキストに変換してくれるOCRソフトがあればなぁ、と調べてみたらソフトを買ったりしなくてもいい方法がありました。 翻訳と同じGoogleのサービスの"Googleドキュメント"にはファイルをアップロードするときに自動で文章画像をテキストに変換してくれるオプションがあるのです。今まで知らなかった(^^;;
名称未設定早速一部の画像を切り出して試してみると、文字の識別と変換は画像の写り具合で多少の誤差は出てしまうみたいですが、数カ所の修正で済みますから全部をタイピングするのと比べれば格段に楽チン。 あとはテキストをコピペでGoogle翻訳に流すだけ。修正した文章は
--
Collegamenti elettrici (ved. fig. 1)

a)  Assicurarsi che I’impianto elettrico del veicolo abbia il negativo a massa.

b)  Collegare il morsetto contrassegnato + con il positivo della batteria, a valle della chiave di accensione.

c)  Collegare il morsetto della massa * ad una qualsiasi massa.

d)  Collegare il morsetto contrassegnato COM con il morsetto del comando a termistore.

e)  Collegare una lamella della lampadina all’interruttore di illuminazione strumenti e l'altra collegarla a massa.

Si consiglia di usare per i collegamenti elettrici un cavetto isolato con conduttore di sezione 1 mm* circa.

NB: A chiave disinserita la posizione dell'indice non e piu indicativa.
-- 


これを翻訳した文はところどころ「?」な部分はありましたが、メーターの接続という作業内容と照らし合わせれば理解不能ということはありません。 でも残念なのはiPhoneからはファイルのアップロードができないので出先ではこういった活用ができないこと。なので今回はデスクトップで行いました。 このOCRサービス、便利なのでまだまだ使いみちがありそうです。 ドラえもんはずっと先の未来でしょうけど、クラウドコンピューティングで世の中確実に便利になっていると実感します。
画像1画像1(2012/07/07追記)ラジエターホースを加工して水温センサー取付〜メーターまでの配線をしてもらいました。メーターの位置は前のオーナーが国産のメーターと下部の電動ファン用のトグルスイッチとパイロットランプを残していった(何故か未配線だったので別のメーターがあったのかも)「ここに付けろ」と言わんばかりの場所に。

今回の出費
水温計(送料込) ……………………… ¥7,881-
水温センサー配線(工賃) ……………………… ¥8,400-
センサーアタッチメント ……………………… ¥7,350-

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ