本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

ヒーターコア交換

洪水三年前にヒーターが暖まらないことがありましたけど、その時に既に予兆はあったのかもしれません。この間までヒーターコアからチビチビと冷却水を漏らしていたミニでしたが、交換品(£58.50- )が届いたら堰を切ったように急に漏れだした。飼い主の動向を察しているのか? でも、夕方から用事があるので作業時間が多くとれない。日没までに終わしてしまいたい。急がねば。

排水ヒーターコアから二本のホースを外しますが冷却水が満たされているのでそのままで外すと後々面倒です。ヒーターバルブ側のホースとラジエターへの戻り側のホースを水枕の留め金で抑えると溢れるのを最小限にできます。それでも少し溢れる分を受けるなにか容器が必要。ヒーターユニット
とりあえずホーローの洗面器が目につくところにあったので使ったのだけれど、緑色が色移りしてしまってちょっと後悔。
外したユニットは内部の水もれでビチャビチャ。ユニットは拍子抜けするほど単純なつくり。十数本のネジを外すだけでバラバラになる。ネジは場所により異なる長さのものが使われているので気をつけます。適当に戻してしまうとエアの吹き出し切替ができなくなる。

新旧ヒーターコアリプロダクションのヒーターコア。オリジナルと比べると高さが無くてフィンはだいぶ少ないです。コアはヒーターユニット内での固定というものは一切無いので、ホームセンターで弾力のあるタイプの隙間留めテープを買ってきて上下左右に貼り、ユニット内で突っ張らせることである程度の固定としました。

と、ここでタイムアップ。用事を片付けて帰ってきたら18時回ってまして、暗い中で作業灯を頼りに続きの車内への取付作業再開。途中で充電式作業灯のバッテリーが底をつくし、寒いし、追加補充しなくちゃいけないクーラントを買いにいったり、手探りだしで、ほんとに効率悪く20時までかかりました。集中力足りてないなぁ、と反省しきりです。ワタシの頭ン中のコアも交換が必要なんじゃないだろうか…。
 
【送料無料】SK11 充電式LEDライト〔懐中電灯 ランタン〕SLW-60LRB
【送料無料】SK11 充電式LEDライト〔懐中電灯 ランタン〕SLW-60LRB

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ