本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

英国からパーツを取り寄せるということ

英国からミニのパーツがいつ届くのか心待ちにしていたワタシですが、大本命であった木枠を注文した Mini Sport Ltd から残念なメールが来たのが1/18のこと。
その残念な話を要約すると「£504.98 で注文受けた木枠なんですけど こっちの都合で £678.82 じゃないと売れません。追加料金を払ってもらいたいのですがいいですか?キャンセルしてもいいですよ。」だそうです。その差額日本円にして約二万円。これは痛い。
しかし不思議な話です。HP上で堂々と値段を掲げ、しかも更に15%オフとまでしていたのに、表示を間違ったとでも言いたいのかな?。
で、すこし悩んだのですが「残念で悲しいことだけど、その値段でも了承するよ。」と返信しました。これでスムーズに発送まで手続きしてくれるのかと思いきやそうではありませんでした。
返ってきたメールに「それじゃ供給元から届いたら手続きする。」とあったのです。察するにどうやらどこか英国外の供給元が要求してきた元値と先のHP上の値段に食い違いがあって利益が出せなくなるとなって最初のメールが来たようです。これがまた時間がかかりまして10日絶っても音沙汰無し。待てよ…ひょっとして供給元って日本だったりして。この値上がり幅と納期の遅さからそんなことを勘ぐってしまいます。ていうかせめて2~3日で発送体制にできる範囲で取引するか
在庫してほしいものです。
ワタシはこれで気が代わり、やはりキャンセルすることにしました。あちらも譲歩してきて
£585.00 にまで値段を落としてきましたが、お断りして他の店を探してそこで買うことにします。
数日後、カード会社に通知されていた請求情報も消えたのでキャンセル処理はキチンとしてくれたようです。

と、こう書くと簡単に見えますが、交渉はもちろん英語なのでワタシにとっては面倒なのと意思の疎通がとれているのか不安でした。(あちらもそう思っていたでしょうけど)
海外通販はこうした予期せぬトラブルも覚悟して望むべきでしょう。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ