本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

オルタネーター等を交換

フィアット・パンダのトラブルです。

 異変に気がついたのはパンダの飼い主である妻。エンジン始動させてもインパネの充電ランプが点灯したままで、空ぶかしや走行しだすなどエンジン回転があがると消灯する。のだと。
 オルターネーターにかかるベルトの弛み?でも警告灯が消えるのなら、常時点灯になっちまうまでしばらく様子を見てもらうことにしました。
 ところがその数日後に出先でバッテリー上がりでエンジンの始動ができなくなってしまった、と妻からの連絡。ガソリンスタンドで助けを借りてなんとか帰ってきてもらって改めて検証すると、オルタネーターが全く発電していない。バッテリーの電力だけで出かけてきたというわけか。そんな状況で警告灯はもはや点灯しなくなっている。おそらくどこかのタイミングで正常だったらKEY-ON時に点灯するはずの充電警告灯が点かなくなったはずだが、妻にそれに気づけというのは酷だろうな。
 パンダも14年使っているのだからあちこちダメになっていくのは仕方が無い。オルタネーターはリビルト品に交換した。

 それから一昨年の6月に交換したロアボールジョイントの運転席側のダストカバーがもう破れていた。あの時のようにジョイント部が摩耗しASSY交換となってしまっては堪らない。そこで前回思いついた国産ダストカバーへの流用交換にチャレンジ。
 万全を期するならば、現品を外して寸法を計測し適合するブーツを検索するのですが、ルノー4のシフトリンケージでも使った国産(OHNO)のダストカバーを先に入手。国産のゴムは品質に優れしなやかなので緩くてもキツくても大丈夫だろうとの判断。実際に交換は可能でした。
 ただ、劣化した純正ブーツを外して寸法を計測してみると、ワタシが使ったものよりも「DC-2104」または「DC-2151」のほうが形状と寸法がより近いので更にしっくりくると思われます。もう片方の助手席側が破れた時にはそちらを使ってみることにします。

 それから4度目のパワーウィンドウのトラブル。また同じパーツの破損です。前回に交換した中古品も当然のように同じ道を辿ってしまうのは、同年代の同材質なので劣化も同じ程度だからだろう。前々回の補修には波釘を使ったけれど、今回はシンプルにビス留めに。念には念を入れてトーチであぶって溶着させました。

 他、経年劣化で収縮硬化したゴムパーツの交換によるオイル漏れ対策。

今回のメンテ代
オルタネーター(リビルト品) ……………………… ¥48,300-
ダストカバーブーツ ……………………… ¥252-
カムシャフトリアエンドカバーOリング ……………………… ¥399-
タイミングホールキャップ ……………………… ¥452-

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ