本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

続 センターメーターとGPS

iPhone3G は GPS 内蔵なので マップ(Google Map)での現在位置や経路の確認を利用したり、カメラ機能で撮影した写真に位置データを付与したりと、特性を活かした使い方が非常に便利です。また AppStore にはGPSと連携した様々なアプリケーションがあって、目的にあった機能の追加が可能です。ワタシの場合ですと、現在地周辺の飲食店を 食べログHot Pepper で検索したりしています。

GPSといえば、以前に愛車のメーターの積算距離計の誤差を検証するのに、Ad[es]と外付けGPSユニットを使った センターメーターとGPS という記事を書かせていただきました。
ワタシ的には検証も終わって今となっては必要性は無くなったのですが、この作業も iPhone3G で可能だったのではないかと思います。
本ブログには iPhone3G、そしてミニのユーザーの読者もいらっしゃると思うので、今回はその時よりも幾分か簡単になったGPSを利用してのミニのメーター誤差の検証を iPhone3G で行う方法をご紹介いたします。使う道具と検証する車種の組み合わせは iPhone3G とミニですが、一般的なカーナビやハンディGPSを使ってもいいですし、どのような車種でも同じような検証は可能ですから、必要であれば使用手順など適宜置き換えて参考にしてください。

MotionX ワタシが iPhone3G上で使用するアプリは MotionX GPS Lite を選びました。機能を限定した無料版です。説明が英文なので深く読み解いていないのですが、どうやら地点設定や経路ログのフォーマットについて、幾ばくかの制限があるようです。しかし、移動距離の確認だけでしたら機能的にはこれでも十分だと思います。ちなみに移動速度も測定はできるのですが、情報の更新に2秒ほどのタイムラグがあるのでリアルタイムに速度をモニターするのにはちょっと向いていないようです。

それではアプリの使用方法も含めて具体的な検証方法を説明いたします。
表示切り替えkm/h表示 右画像がアプリのStopwatchモードでの画面です。距離表示のあるこのモードにて使用します。ミニ乗りとして重宝するであろう、キロ/マイルの表示の切り替え設定は下部の左から2番目の歯車マーク(Setting) > General > に移動して Display Units:の

  • Metric
  • Imperial
  • Nautical
から選択します。
Metric とはメートル法のこと。
Imperial がヤード・ポンド法です。マイルはこちらです。1 mile は 1.609344km です。
Nautical は 船舶で使用する単位で、1nautical mile は 1.85200km です。

計測にあたってはできるだけゴー&ストップの少ない道を選びましょう。複数の理由から高速道路がいいと思います。I.C.からI.C.までの距離データが既にありますし、中央分離帯に100mごとにある距離ポストも参考にできるからです。また、ちらちらとよそ見しながらの運転になりがちですので、歩行者や自転車のいる一般道よりは安心です。それでもできればメーターかGPSかの数値読みをしてくれるアシスタントがいるといいです。どちらにせよ安全運転を優先させて臨んでください。

mph表示 走行途中でも設定画面に移動してキロ/マイルの表示の切り替えはできますので、確認したいほうを選んでください。

それでは走行を開始させます。
走行中に見るべきところはまずはメーターの積算距離計の推移です。ちょうど積算距離計が1mileまたは1km移動を示した時にGPSを確認したいので、0.1の単位が0になるタイミングでGPSによる計測をスタートさせるといいでしょう。スタートは Start ボタンをタップして開始します。一時停止は Stop 。再計測するには Resume と表示が変化します。

メーターの積算距離計がちょうど1mileまたは1kmになったらGPSの数値 Distanceを確認します。メーターの1mileまたは1kmが実際は何mileまたは何km移動なのかが判ります。mile表示メーターでGPSをkmに設定した場合ではメーターが合っていればほぼ1.6kmのはずです。この計測を何度か行ってください。5mile、10mileの時はどうであるとか、mileメーター使用でGPSではkm測定に設定した場合では逆にGPSの距離の数値がきりのいい時(例えば5kmとか)にメーターの積算距離計を確認するなど、数値読みの基準を交互にするとベストです。時々はGPSの数値も疑ってみるのもお勧めします。道路脇の距離ポストで確認をしてみましょう。I.C.間の距離を調べたい場合は NEXCO のHP などで。このようになるべくデータが豊富なほうが後の判断に役立ちます。

別記事にメーターケーブル回転数別によるメーターのタイプと最終減速比との関係性を表にまとめてみましたのでご確認ください。(→表を見る

集まったデータを元に距離計の誤差を把握できたならば、それは主に日々の燃費計算に役立つでしょう。またはメーターの交換や修正にも有用な情報となります。ただし10%程の誤差でしたら車検には全く影響しませんし、運転する者がこういったクセを理解すれば済む事です。ましてや今回の記事内容はメーターの交換や修正を促す目的ではありません。

「SMITHSのメーターなんか最初からあてにしていない」という意見の方もおりますでしょう。ちらほらとそういうログを目に致します。しかしワタシの経験では積算距離計そのものは非常に正確な動きをしていることがわかっています。もっとも歯車を組み合わせた機械ですので当然といえば当然です。

ワタシの見解では、メーターの不正確さの大抵の理由はメーターの適合違いだと思っています。

しかしこれが「速度計はどうなのだ」というと自信をもって正確ですとは言えないのです。構造的にスプリングのテンションが重要となっているので、経年による不具合がある可能性は否定できないのです。
「積算距離計」と「速度計」は別物なのです。ここのところは誤解の無いようにお願いいたします。

(2009/2/15 計算ミス 修正。2009/2/16 タイヤサイズ 修正。 2009/2/20 表を別記事に移動。)

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ