本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

電動なんて大嫌い

 彼女の FIAT Panda のパワーウィンドウがまたもや使用不能になりました。去年の夏になんとか対処したものの電動の有り余るような力には耐えられなかったようです。とはいえやはり¥35,700-もするASSY交換なんて考えていないですから、今回は¥6,000-で手に入れた中古パーツで乗りきります。
レギュレーターの交換 ガラスを外す作業も2回目ですから慣れたものです。モーターとレギュレーターを取り出すのも入れるのも2つの接続を一旦離すのがコツ。今回はワイヤーの緩んでいないパーツへの交換なので、作業はあっけなく完了です。

 さて、夕暮れまでまだ時間がありますし、カントリーマンは塗装で不在ですから、Panda が前々からトラブっていたところをじっくりチェックしてみましょうか。

ドアロックユニット それは集中ドアロックで、運転席側からドアをロックするやいなや機械が勝手にロックを解除してしまっていました。原因が判らなかったので集中ドアロックの配線を外して、便利なはずの機能をコロしていました。ワタシん家はちっとも必要は感じていない機能なのだけれど、やはり壊れているというと気分が悪いものです。作業する場所と工具を貸してくれているショップの社長にアドバイスをもらって判ったのは、助手席側の室内ドアロックスイッチの感触がスカスカだということ。え?こんなものじゃないの?と思っていましたけれど、運転席側のと比べると確かにユルい。なんでもここのON-OFFがハッキリしないと反対側でロックを操作しても、こっち側のドアを開ける動作をしていると判断してしまうのだそう。なるほど。ずっと運転席側ばかり疑っていましたけれど、そんな理由があったとは!。さっき運転席側の内張りやらを外して、今度は助手席側かぁ…と、面倒な気持ちはありましたが、それをグッと堪えてロックユニットを取り出しました。
バネのあるべきところ新作したバネ 室内ドアロックスイッチがスカスカだったのは、スプリングの欠損が原因でした。その残骸があったので考察に時間がかからずに済みましたが、最悪の場合なんともない運転席側のを外して観察しないといけませんでした。見づらいですが左側画像中央の小さい穴2カ所にスプリングの両端が入ります。スプリングと言ってもコイル式ではなくて、安全ピンのような押しバネ形状です。これを0.8mmステンレス線を使ってテスト&トライで完成させました。動作も順調。何年越しか忘れるほど久しぶりに集中ドアロックの完全復活です。
 でも Panda のような小さいクルマに何故集中ドアロックやパワーウィンドウが必要なのだろうか。トラブル予備軍なのだからマニュアルでいいのに。まったく電動なんて大嫌いだ。

Trackback

Comment

やなぎ | 2008年11月24日 23:44
そうですね
直すことを前提にシンプルなつくりで、デザインにこだわった車がいいですね

それにしても波釘とはSuzeさんのアイデアには恐れ入ってしまいます
Suze | 2008年11月25日 16:33
 ミニもインジェクションでエアコン搭載だったら、絶対に自分でいじりたくありません。
 Pandaも機会があれば初期型に買い替えたいところです。
 クルマはちょっと古いほうが自分の手が入れられるから好きですね。

 1年ちょっとしか持たなかったので、前回の「波釘接合」は失敗です。外したヤツは捨てずに教材としてもう少し方法を練ってみることにします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ