本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

16th Japan Mini Day in 浜名湖(11/3復路編)

 「イベントはお家に帰るまでがイベントです」

 11/2夜の東名高速道路上り線は渋滞してたそうですね。あとから知りました。ウチは疲れ果てており真っすぐ帰る元気は無く、浜松のビジネスホテルに一泊です。翌11/3に帰路についたので渋滞は免れました。
 さて、帰路もETC割引を有効に使います。ただ今度は日中に出発なので深夜割は使えません。が、今年は休日昼間割(50%off)があるので心強い。ただし条件は100km未満。しかも回数は2回まで。なので途中で高速を降りて一般道を挟んで再度高速にのります。これで回数は2回。最後の東北道〜北関道はETCカードを交換して条件をクリアします。

11/03 浜松西〜清水 ¥2,750 → 休日昼間割:¥1,300
11/03 裾野〜東京 ¥2,750 → 休日昼間割:¥1,400
(東京料金所を通過したら浦和料金所までにETCカードを交換。)
11/03 首都高 ¥700 → 休日昼間割引(20%off):¥540
11/03 浦和本線〜宇都宮上三川 ¥2,750 → 休日昼間割:¥1,400

栃木都賀ジャンクション そして事件は自宅まで30分の東北自動車道下り線から北関東道へ接続する栃木都賀ジャンクションにて起きました。
 立体交差をくぐり、カーブを立ち上がって合流線に差し掛かったところ(ちょうど画像の「→」を通過した箇所)で、バシバシバシ!!という音とともに何かがフロントガラスに降ってきたのです。上り線を走行するクルマが何かをまき散らしたのだとすぐに想像がつきました。「まったく!…砂利でも運んでいるトラックか?」と憤慨すると同時にフロントガラスに見慣れない「模様」が…。

 フロントガラス、割れました。

フロントガラスのヒビ この時は困りました。砂利を飛ばしてきたと思われる相手は反対車線。止まるに止まれぬ高速道路。走行を続けながら「泣き寝入りか?」とも思いましたが、予定どおり自宅最寄りの宇都宮上三川I.C.まで行って、せめて砂利のようなものが道路に散らばっている旨を報告するつもりで道路緊急ダイアル#9910に電話しました。電話しながら降りてカントリーマンをよく見るとボンネットにも石が当たったようでペイント剥げが2箇所。
 オペレーターに事故発生場所を伝えると、ちょうどその場所その時刻に上り線でトラックが横転したとのこと。つまりウチはタイミング悪く事故のとばっちりを受けたわけです。これを聞くまでは積載の砂利のようなものがただこぼれてきただけで、修理代を請求すべき相手を特定できるとは思っていませんでした。話を聞くと砂利などの積載車ではなく、石は横転時に道路上から跳ばしたようです。オペレーターの方にも警察に事故の見聞を受けてくださいとのアドバイスをいただきました。このあとアドバイスどおり警察に電話して高速機動隊に見聞してもらって、ようやく安心しました。「これで修理代は事故を起こした相手に請求できる。」

RCサクセションRCサクセション『いい事ばかりは ありゃしない』 というわけで楽しかったイベントにはこんなオチがついて、カントリーマンはフロントガラス交換とボンネット塗装のため入院しました。やれやれ。いい事ばかりは ありゃしない ですか。そういえば偶然にもイベントに向かう車中でBGMにしてたっけ。

(追記:事故を起こした方は特に怪我される事もなく打撲だけで済んだそうです。)

Trackback

Comment

こた | 2008年11月18日 02:40
イベントお疲れ様でした♪
また、レポートありがとうございました。
大変楽しくも、羨ましく拝見させていただきました。
事故(?)の件大変でしたね。
請求できたのがせめてもの救いでしょうか。。
自分も、以前のミニの時、首都高で、落下物にあたり、グリルが凹んでしまった経験があります。

何が起こるかわからないですね。

そうそう、時間を見つけて、suzeさんの所にお邪魔してみたいのですが、ご迷惑でしょうか?

ご検討くださいませ(o*。_。)oペコッ

Suze | 2008年11月18日 10:01
 なんだか自分のフリマのレポートで終始してしまいまして申し訳ありません。イベント全体の様子は来月以降発売の各雑誌などでご覧くださいませ。(他力本願)

 もらい事故についてですが、自分に非が無いのに危険な運転や積載をする輩のせいで大事な相棒が傷つき、こちらが精神的にも金銭的にも負担を強いられる事を泣き寝入りして、まるで無かった事のようにしてはいけませんね。例え相手が特定できなくてもです。そう思いました。
 しかし、クルマに乗っているということは常に事故とは隣り合わせということなんですね。改めて思いました。警察の方にも言われましたが、飛んできたのが鉄骨とかじゃなくて良かったです。

 それからご来客については誰についても全然迷惑ではないですよ。またサイドバーにメールフォーム(管理人にメッセージを送る)を復活させましたから、個人的連絡はそちらへどうぞ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ