本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

ドア内張りを張り替え

ボロい内張りボロボロな内張り 張り替えとは言ってもビニールレザーを新調するわけではありません。新調するのは裏側のボードです。
 フロントドアの排水ホースの不具合があったため、浸水していたドアの内張り。ビニールレザーを剥がした裏側です。助手席側はカビており、運転席側は下側が土に還っていました。ボードは吸水性があるので、ドアポケットが浸水すると水を吸ってしまうのです。かろうじて形が残っているところでも脆くなってしまって、ドアから外した時に割れたりしてしまいました。
剥がした 剥がしたビニールレザー表装。接着剤はすっかり効いていなくて、スクレイパーを使って簡単に剥がれました。
MDF これを貼る新しいボードはホームセンターの建材コーナーで見つけた 2.5mm厚のMDFボード です。ただ建材用なので910×1820mmとかなり大きいサイズ。そのままではカントリーマンに乗らないので、半分にカットしてもらって購入〜お持ち帰り。
ボード作成 プロ仕様!実店舗でも売れてます速乾!透明!![ボンド Gクリヤー 皮革・布・合成ゴム用]元の内張りを参考にMDFボード切り出したら、[ボンド Gクリヤー 皮革・布・合成ゴム用]で表装を接着。ボンドは内張り左右で2本使用しました。速乾性で、液体状から少しゴム状になったころが貼るのにはいいタイミング。仮押さえのためのクランプや養生テープは、ボンドの粘着力が十分なので必要ありません。
内張り完成内張り装着 めでたく完成。でもここからピンと張った新品の内張りをドアに収めるのはけっこう難しかったです。上側がきつくてきつくて。どうせ隠れてしまうところですから、もう少し上下サイズを控えめにしても良かったかもしれません。入れるのはなかば勢いでやってしまいました。次回これを外すのは苦労しそうですが、排水ホースも修理したし、隙間対策もしたのでもう浸水してカビ〜要修理とはならないでしょう。

Trackback

Comment

木下 | 2008年10月30日 08:23
仕上がりきれい。。。上手ですね。
自分の内装もお願いします(冗談)。
シートの張替えを、自分でやってみようか否か考え中です。。。
Suze | 2008年10月30日 21:37
 シートの張り替えとなるとなんだか難しそうですね。裁縫などには慣れてないのでワタシには無理っぽいです。
 シートといえば、今度ちぎれたダイヤフラムとヘタッたウレタンフォームの交換をシート専門業者に任せる予定ではいます。
 約10年くらいで、ゴムやウレタンなんかの合成品は軒並みダメになりますね。そのうちシートも硬化して破けるんでしょうねぇ。
 
こた | 2008年11月18日 02:16
ドア内張り、外すのも、入れるのも苦労しますね(・_・;

ええい!っもういいや!と言う思い切りが必要でした。
Suze | 2008年11月18日 08:56
 こん**は。こたsan。
 どんな修理にも思い切りが必要な場面は多いですよね。しかし、ワタシももう内張りはできることならば外したり入れたりしたくないです。
 …なのに、昨日助手席側のヒンジの取り付けが緩んじゃってる事を知りまして、近々また内張りを外さねばなりません。やれやれです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ