本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

車内音楽事情(4)iPhone3G を mini に

 iPhone3G を手に入れた事でカントリーマン用にキチンとそれに対応したカーステが欲しくなりました。今までは外観の古っぽさでBCLラジオや型遅れのカーステなどを選んで工夫して使用していましたが、使いたいアイテムが最新鋭となると、それらとの性能のギャップの大きさがついに限界に達してしまったように感じています。ですのでここは iPhone3G に誘われるようにしてちょっとだけ時代の波に乗ってみようと思います。

 とはいえスピーカーの導入の時でも申しましたように、
 追加する装備品が1960年代のクルマの雰囲気に合わないと思える場合には、
「シンプルにスマートにスムーズに」を心掛けています。
 具体的には、

  • 車体側への加工は最小限に。
  • 元に戻す術がない方法では手を着けない。パテ埋め〜塗装で復元できる鉄部のビス穴程度の加工なら構わないが、修復困難と思えるファブリック等には手を出しません。
  • 装備品本体と配線などの取り回しの存在感は最小限に。
  • 本体デザインにも注意したい。
  • 安価で入手できること。(筆頭必要条件かもしれない。)
 それでワタシが現状でベストチョイスと思えたのはこの機種。フロントAUX入力、USBメモリ対応【iPhone使えました】 カロッツェリア
CD/USB/チューナー・WMA/MP3/AAC/WAV対応メインユニット DEH-P530
 カロッツェリア CD/USB/チューナー・WMA/MP3/AAC/WAV対応メインユニット DEH-P530 です。
 ワタシがカーステに対して一番気にしている外観については、黒とメタリックを基調としていて操作ボタンもほとんど排したデザインなので合格です。おそらくデザインコンセプトは iPod touch を意識したのではないでしょうか。Macerであり、多くに於いてシンプル好きなワタシには嬉しいことです。
 メーカーカタログによる対応機種には発売時期のズレにより iPhone3G の名はありませんが、記載のある iPod touch と仕様はほとんど変わりないので使用に問題はないと判断しました。

withBooster受信基地から遠くて聴きにくかった方へ!VICS対応★高感度向上Catch Hunter ラジオブースター AM/FM/VICS対応 VA−100−2 取り付け位置は助手席側ダッシュ下。良い機会なので  ラジオブースター も増設しFM受信環境も強化しました。一旦は運転席側への設置も検討したのですが、ヒーターへの太い外気取り込みダクトがあるためにどうしてもユニットが前面に出てきてしまい、存在が気になって仕方ありませんでした。やはり現代の利器は極力視界から遠ざけ目立たぬようにしたくて、このように助手席側の目一杯奥に取り付けました。

カーステめいっぱい奥に設置 これで運転中は全く視界に入りません。ディスプレィ表示を確認するのは屈み込んでやっとです。(あれ?あんなに気にしていた本体デザイン云々が関係なくなってしまいました)見た目重視で音量調節やソース切り替えなどの操作のし易さは二の次です。

 しかしながら、これまでのiPod対応カーステに今までありそうでなかった「iPod本機の機能を操作する」新機能が備わっているのでさほど不便は感じません。残念ながら音量操作だけはできませんが、それ以外の楽曲選択などは接続した iPhone 普通に行えます。まるで iPhone がディスプレィ付きのワイヤード・リモコンのようです。

カロッツェリア CD-R500 リモコン carrozzeria (2009/1/23 追記:
 次期モデルチェンジに合わせて発売となった carrozzeria リモコン CD-R500 を購入しました。やはり音量の操作には必至です。これですっかり快適そのものとなりました。:追記ここまで)

 Tuner_Internet_Radioさらに iPod機能ではなく AppStore にて購入したアプリ Tuner Internet Radio が使えるのがとてもありがたい。ワタシはこれで3G回線でインターネットラジオ局の "SKY.FM - All Hit 70s" 等にアクセスして聴いています。自分のライブラリには無い楽曲をランダムに聴けるというこれは iPod にはできない iPhone ならではの楽しみ方です。

アラート 唯、気になる方には気になるであろう「機内モード」への切り替え推奨アラートが接続させる度に iPhone側に表示されます。 ここは気にせず「いいえ」で対応で問題ナシです。仮に無視していても表示は自然に消えます。 

 今までデザインや設置方法が理由で納得できる組み合わせが見つからなかったミニへの音響装置でしたが、 BOSE 501Z 、DEH-P530 、iPhone3G でようやく出来上がった感があります。

 それにしても最近は多ジャンルにて商品デザインがシンプルで上質になってきているように思います。先日買った液晶テレビもそうでした。これってやはり iPod touch & iPhone の影響では?と思うのはワタシがMacerだからでしょうか。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ