本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

ブーツを履き替える

ダメなインナーブーツ Pandaからミッションオイルが漏れだしたのは、劣化してヒビ割れしているのを確認した「運転席側のドライブシャフトのインナーブーツ(PAT No.7625541)」だと思っていましたが、 同じ劣化具合でも完全に口を開けてオイルを垂らしていたのは「助手席側のインナーブーツ(PAT No.7621245)」でした。亀裂が上側にあったためなかなか気づきませんでした。それにしても'88のminiに履いた事のあるピレリのタイヤもヒビ割れしたし、イタリアのゴムってヒビ割れし易い?。
pandaドライブシャフトアウタージョイントブーツ インナーブーツと同時に予め交換することにしたアウタージョイントのアウターブーツは品質が安心できる国産品を流用します。パーツ屋によって「Seiken」だったり「OHNO」だったりと取り扱うメーカーが違うので、一個ずつ別々のパーツ屋に出向きました。「OHNO」を扱っているパーツ屋では「普通のと分割式のどちらにしますか?」と聞かれましたが、分割式は値段が普通のものの3倍くらい!。分割式のメリットとはドライブシャフトを外す手間が省けるので交換作業が短縮できるところなのでしょうが、交換するのはワタシですし作業を急ぐでもありませんので普通のブーツにしました。
 それでは、いつもお世話になっているショップの場所と設備をお借りして、同時に4つのブーツ交換作業の開始です。ブーツ交換はミニで経験しているので今回も出来るはず…。と思っていましたが、けっこう違う点があってアタフタとしました。
まず、アウタージョイントのドライブシャフトへのサークリップでの外れ留め方法が違います。
ミニはサークリップがアウタージョイント側である外側に張っているのに対し、
パンダのサークリップはドライブシャフト側である内側に縮んでいるのです。ミニの場合では有効なジョイントを ソフトハンマー で叩いてショックを与えるだけでは絶対に外れません。グリスにまみれて隠れているサークリップを探し出し KTC:直型スナップリングプライヤー軸用スナップリングプライヤー軸用 などで左右に開いておきながらの作業なのですが、手が2つでは足りません。バイス付きの作業台があるショップに来てよかった。ウチでは設備が圧倒的に足りなくて不可能でした。
インナーブーツとカバープレートアウターブーツ交換それから、ミニはブーツは全てバンドで締め付けて装着するのに対し、(締め付け〜余分の切断には 切断機能付ブーツバンドツール があると便利)
パンダでは助手席側のインナーブーツのミッションケース側だけは金属カバープレートで固定するようになっています。
76255417621245なので左右のインナーブーツキットを注文しても固定バンドは大1小2の3本しか付属しないのである。(純正のブーツバンドはカシメ方式なので クイックブーツバンドクランプツール  を使っての装着)
D.I.Y.で挑戦しようとする方はこれを知らずにクレームをいれて大1を追加注文しないようにすべし。ワタシのように。
ダメなジョイントPanda ボールジョイント それからボールジョイントも左右とも大変な事になっていました。ダストカバーが破れていたのに気付かずにいて、遂にはジョイント部が摩耗してしまっていました。最近ブレーキング時にガタゴト鳴っていたのはここだったのだとやっと判りました。早期発見すればダストカバーだけで済んだ?と思いきや、カバーだけの発注はできず、基部と一体のアッセンブリ交換だそうです。でもルノー4のシフトリンケージでも使った国産のダストカバーが使えそうな気がします。機会があれば試してみたいですが、それまでPandaオーナーでいられるだろうか。
交換後 新品への交換後はブーツたちゴムパーツがこんなにもツヤやか。
アウターブーツは信頼できる国産にしたのでしばらくは無交換で大丈夫でしょう。ちなみに運転席側は「OHNO」で助手席側は「Seiken」、と左右で別々のメーカーにしてみた。値段は一緒なのだが性能の違いはあるのだろうか。
それが判るその前におそらく純正のインナーブーツとボールジョイントが再びダメになるだろうな。
最後に車検の時に気がかりながらもそのまま無対策だったオイル漏れがヘッドカバーからだと確信したのでガスケットを交換して終了です。
今回のメンテ代
ドライブシャフトブーツ OHNO FB-2137(ブーツバンド付属) ……………………… ¥1,134-
ドライブシャフトブーツ Seiken SB111(ブーツバンド付属) ……………………… ¥1,134-
純正ドライブシャフトインナーブーツ 7625541 ……………………… ¥1,649-
純正ドライブシャフトインナーブーツ 7621245 ……………………… ¥1,575-
純正ブーツバンド小(×2) ……………………… ¥819-
純正ブーツバンド大 ……………………… ¥452-
ロアボールジョイント(×2) ……………………… ¥31,500-
ヘッドカバーガスケット ……………………… ¥1,470-
ギアオイル WAKO'S RG7590 75W−90 2L ……………………… ¥3,780-

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ