本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

リアドア木枠装着

リアドア木枠ビス留め それでは木枠を装着しますが、今日はリアドアだけ。
 作業し易いようにドアは外しました。毛布を敷いたところに置いて上から体重をかけてドライバーを回すためです。
 純正ではポジドライブの普通の鉄製木ネジなのですが、外周はシールの内側になるとはいえ濡れる事を想定してステンレスに換えておきます。ネジ選択はシールの干渉を最小限にするため低頭なものか皿頭にします。
 締めすぎて木枠のネジ山を壊さないように締め込み加減はほどほどに。
新品リアドアシールリアドアシールクリップ 左右の木枠の固定が終わったら次は木枠装着前に着けられなかったリアドアシールを付けます。
 新しいシールはぷっくりと肉厚。写真右側のフラットなほうがドア側で、左側の膨らんでいる方が室内側です。シールの内側にクリップをドアの穴位置に合わせ付ける準備が終わってシールを嵌め込んでいくのだけれど、毎度そのパチンパチンという感触が気持ちいいと感じる。その代わりといってはなんだけどシールをドアから外さなければならない時はクリップを壊すおそれもあって嫌〜な作業ですが。
リアドア木枠 んで、リアドアは完成。毎度毎度作業に夢中になると途中での撮影を忘れてしまいます。
 マスキングテープが目立ちますが、バッジの"mk"と"II"を仮留めしております。かなりユルかったのでここはシリコンコーキングをバッジグロメットに込めて接着剤替わりに利用しました。あとから判ったのですが、ここの4つのグロメットは本当は他に比べ一回り小さいもののようです。知らなかったー。でも多分入手不可ではないかと。
 それにしてもシールが新しいからドアが閉まらないのなんの。ドアロックの位置を調整するなど地味に試行錯誤したものの、結局体重をかけるのではなく素早くドアを締めたその瞬間にドアハンドルを回すとロックできることを覚えました。

 気になるのは…こうして改めて写真で見る木枠の色調。実物はもうちょっとマシなんですが、光線の加減ではこんなふうにもみえるということかぁ…。なんだか萎えます。

Trackback

Comment

まち | 2008年02月18日 17:38
いいなー、着々進行中…。
うち未だ音沙汰ナシです。
到底アシ車の車検切れに間に合いそうもないので
サンマル、も一回車検出し確定っぽいです…
何か、主人の5の方が早かったりして。

4、御別れなのですか?寂しいですね…
Suze | URL | 2008年02月18日 19:11
 こん**は。まちsan。コメントありがとございます。

 正直な気持ち、乗って快適だったしまだやりたい事はあったのでルノー4を手放すのは惜しいです。
 でもカントリーの出番が減ってしまっては本末転倒ですからね。ただ望むのはできれば廃車にならないよう欲しい人が現れてくれる事です。

 ところで、まちsanとこの木枠は英国の受注生産でつか?最近ポンドが下がって2年前の水準になってきたからオーダーしておこうかと思っています。結構待つんですかね…。
まち | 2008年02月18日 20:02
受注生産ですねー。
私の場合、御世話になってるクルマ屋さんが
個人製作してるおじいちゃん(!)にオーダーしてるそう。
昨年7月にオーダーしたのですが、昨年冬に
バックオーダー3件あった時点で、御病気で入院…
現在は(といっても、昨年末の情報では)、
若いひと(御弟子さん?)に教えながら製作してるとかで、
多分自分の分は、今年に入ってやってるか否か…かと。

時間が掛かるのは必須なので、
オーダーは早いに越したことはないけど、
オーダーの際に、其のときのレートで見積もってくれるのか・
出来上がった時点のレートで見積もってくれるのかは
はっきりしておいたほうがいいかな、と思います。

4、素敵な方と巡り合わせがあるといいですね。
Suze | URL | 2008年02月18日 20:21
 まちsan。ご返答ありがとうございます。大変参考になります。
 しかし今年一杯かかったとして一年半待ちとは!ムムム…価格に加え納期も重要な要素ですね。
 支払いはできればお互いのために、発注+前金、納品+残金としたいところですね。英語で交渉できるだろか。こりゃ勉強せねば。
こた | 2008年02月28日 22:06
こんにちわ。
順調に進んでいますね♪
金具がとまる瞬間。気持ちいいですね。

思わずくすりとしちゃいました。

リアハッチに中に入ってしまって、取り出せない金具がいくつかあり、開閉のたびや、段差でカシャカシャ鳴っています(・_・;

取り出すには、リアハッチを外さないと無理そうなので、後回しにしています。

そうそう、今号のミニフリーク、suzeさんかと思っちゃいました。

Suze | 2008年03月08日 02:06
 こん**は。こたsan。

 ワタシも折れた金具残ってますよ。今のところウチの不具合ランキングでは圏外なのでドア外したのに無視しちゃいました。
 でも、外すとなるとヒンジの固定ボルト&ナットの塗装も剥げちゃうので、そこのところ御留意をば。
 
 「ミニフリーク」今回はまだ立ち読みだけです。たしか記事の御人も栃木の方でしたね。

 あ、それから「ハッチ=跳ね上げ式」だと思うのですが…?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ