本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

宿題を片付ける

やっと 先日のシフト不具合 を直しました。

レバーの新品は使わずにいつものように中古でとは思っていましたが、ルノ−4のパーツを入手する時には訪れる旧真壁町の店に相談しようにも忙しくてなかなか行けなくて。

やっとのことで店に行くと、ちょうどレバーを外していないフタをストックしてあったようで、あっさり入手。フタごとなので交換はだいぶ楽でした。同じナイロン部の摩耗は少しありましたが、しばらくは使えるでしょう。(写真撮るのを忘れたまま装着してしまった…)

ミッションオイル交換ミッションケースを開けたついでですから、ミッションオイルを交換。
イモネジ式のドレンプラグのアタマ形状はミニのドラムブレーキ調整ネジと同じく凸型の正方形で大きさは10mm。手持ち工具に専用レンチが無いのでメガネレンチの12mmで回しちゃいましたけど、よいこは決して真似しないように。工具は正しく使いましょう。
しかしミッションオイルは粘度が高いので、冬だと排出遅いですねぇ。抜けきるまで暖かい家の中で待機してました。

全量排出後は水栓用シールテープをドレンプラグとミッションケース脇のチェックボルトに巻き再装着。新しいオイルをチェック穴から漏れる量まで入れました。でも何リットルだったんだろ?感覚的に2Lくらいかなぁ。
ガスケットはスリーボンド製の汎用のシートを小分けしていただいたのを切り抜きしました。余った分はminiのサーモスタット部分にでも使おうと思います。

フタはミッションケース内の3本のシフトフォークの位置をニュートラルである事を確認し、フタの裏側のリバースギアレバーの位置にも気をつけながら、装着。
機構のひとつひとつの意味が理解できるようになっている自分に気付く。違う車種とはいえminiのミッションOHの経験が少しは役に立っていると実感しました。

シフトリンケージダストカバー国産流用品交換品もリンケージのダストカバーが劣化していましたのでこれも交換します。
国産の似たようなもので余計な部分はカットして使いました。

このあと、ラジエターを元通りにして、冷却水を満たして完了。冷却水のライン中のエアが抜けきるまではリザーバータンクをこまめにチェックします。

テスト走行するも問題なし。「クン」と心地よい抵抗でギアが入ります。

今回の交換パーツメンテ代
シフトレバー+ミッションケース蓋(中古)+汎用ガスケットシート(30cm角) ……………………… ¥6,000-
ダストカバー(流用品) ……………………… ¥200-
ミッションオイル 4L ……………………… ¥1,650-
廃油処理パック ……………………… ¥250-
ロングライフクーラント 2L ……………………… ¥575-

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ