本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

オイル漏れ対策

プーリーを外すそういえば 前回のタイミングチェーンカバーのガスケット交換は2005年6月 だった。
2年前だが走行距離から考えるとめちゃめちゃサイクルが早いような気がする…。それだけウィークポイントってこと?。

ラジエターを外せばエンジン搭載状態でもカバーにはアクセスできるのだが、クランクシャフトプーリーを外すのに邪魔なエンジンマウントブラケットを外す必要がある。そのためジャッキで下からエンジンを支えながらの作業。
スペシャルツール歯止めをかけるエンジンマウントブラケットが外れたら、プーリーの固定ボルトを緩めるのにクランクが回らないようにしなければならないが、ヘインズのマニュアルによれば「ギアをトップに入れ、サイドブレーキを引いて」と、ある。
それでも結構動いてしまうので、フライホイールの固定ボルトを外すときにも使ったツールをショップに借り、スターターを外したところに装着してフライホイールに噛ませた。
タイミングチェーンカバータイミングチェーンカバーが外れたので観察すると、固定ボルトのワッシャー形状がヘインズのマニュアルやパーツリストに記載されているような楕円形(左図13)でなく、ごく普通の円形のワッシャーだった。ひょっとしてこれが原因でオイル漏れが?。真意を確かめるべく、とりあえずこのパーツを注文してみるか。

…数日後…
注文するつもりで問い合わせてみたが、画像のような形状ではなく普通の円形の平ワッシャーなんだそうだ。調べると オリジナル・ミニ・クーパー&クーパーS によれば、

1964年 2月 タイミング・チェーン・シーリング・ワッシャー改良
1964年 3月 タイミング・チェーン・カバーの設計が変更され、スティフナーが追加される。とある。

そういえばカバー形状もイラストとウチの装着品ではエンジンブロックとの接合面に違いがある。
イラストは全周フラットなのに対し、装着品はボルト穴と穴の間にリブがある。資料に記載されているスティフナーとは補強のことなのでリブのことを意味していると思われる。
ワッシャー改良とカバー変更の時期が同時でないのが少々気がかりだが、イラストのような楕円のワッシャー(実物は未確認だが)の存在意義と消失理由を考えてみた。初期においては幅広の形状でカバーの接合を強固にしていたものの、カバーにリブを追加して変形に絶えうる強度を得たことでワッシャー形状は円形で良くなったのではないだろうか、と推測する。
つまり、ただ単にパーツリストのイラストは、それ以前の古いモノを使い続けているだけなのかもしれない。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ