本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

我が心の教会

ワタシが少年期にスペインと建築の両方に憧れるキッカケになったTV-CMの動画に再会し ました。放送されていたのは1984年。たしか日曜日の「笑点」を見ていると遭遇したように記憶しています。
映像の舞台となっている のは、スペインはバルセロナの"Temple Expiatori de la Sagrada Familia"(サグラダ・ファミリア教会),"Parque G?ell"(グエル公園),"Casa Batll?"(カサ・バトリョ)など。設計者は"Antonio Gaudi"(アントニオ・ガウディ)
"サグラダ・ファミリア教会"はご存知のように現在もなお作り続けられている未完の建築物で す。造形からすると「作り続けられている」というよりも「成長を続けている」といったほうが相応しいかも知れません。

(11/22追記:CMのBGMを担当したのは、
Mark Goldenberg (マーク・ゴールデンバーク)→
『ガウディ編』には「Orpheus,No (オルフェ)」
同CMシリーズである『ランボオ編』には「Queen Of Swords (剣と女王)」
『ファーブル編』には「Castaways (漂泊者)」が使われている。)


以前スペインを訪れた時は、ちょうど精神的に弱り自暴自棄になっていて、渡航前は「憧れのスペインの地で人生を終わりにしてもいいや」くらいに考えていました。
しかし実際にガウディの建築物に触れて、そんな考えがバカバカしく思えました。
建築という目的のハッキリしたものに独自の感性を手加減なく発揮したガウディの建築には、人から上辺だけ理解されることの無意味さを教えられ、躍動感のある造形からは生命力を授かったように感じました。

ワタシはカトリックではありませんが、今でも遠く海の向こうの地にそびえる「教会」の存在そのものが心の支えや励みになってくれています。
「サグラダ・ファミリア」は建築が終わることなく、果てしなく造られていてこそ「教会」なのではないかと思えます。

Trackback

Comment

がらくた光学 | 2007年11月21日 21:16
懐かしいCMです。
不思議な空気感が漂っていました。
このCMの影響で、私はマーク・ゴールデンバーグのレコードを買ったのでした。
20数年前ですか。。。
CMプランナーとかディレクターとかコピーライターとかが花形だった時代ですね。

虫垂炎大丈夫??お大事に。
Suze | URL | 2007年11月21日 21:42
 がらくた光学殿。こん**は。
 CMの最初のシリーズだったランボオ編がインパクト大でしたね。
 またBGMは"マーク・ゴールデンバーグ"という方なのは初めて知りました。早速チェックしてみます。情報ありがとうございます。

 虫垂炎は食事制限がちとツライですが、だいぶ良くなってきてます。土曜日の採血検査しだいで元の生活に戻れます。お気遣いいただきましてありがとうございました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ