本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

ルノー4 インプレッション<5>

映り込み大型連休!五月晴れ!というわけで、キャトルのルーフを解放してのドライブ!
…ではなくて、先程2日分の祝日を費やして昼日中にやっと仕事先から帰って来ました。
それにしても陽気が良過ぎて車内温度が高いのなんの。熱気放出のためルーフを開放。シフトノブが映り込む屋根越しの眩しい青空を反射させております。
たまにはせっかくの装備も活用しようかと、このままレジャー気分で職場から自宅に帰ることにしました。

オープントップキャトルのサンルーフはモデルによっては前部座席部のみの場合もあるようですが、ウチのは FIAT PANDA の場合と同じく前部座席用と後部座席用と2箇所で開けられます。

でも、私見では残念ながらオープントップはあまり利用価値はないように感じています。真夏になると日差しがキツ過ぎて停車中なんかはガマンできませんし、行楽シーズンである秋には雨が多かったりと、ここ日本では活用できる時期はあまりないのではないでしょうか。
それからウチのはトップの材質がビニールなので経年の硬化&収縮で破けてしまっていて補修しなければならなくなっています。

なんて言うと文句タラタラみたいですけどメリットはちゃんとあります。
実際試した事はありませんが後部座席部分を開ければ大きな鉢植えなどの長尺ものを積むのには便利でしょう。
また、屋根を別素材が覆っていることで配色的には、さながらMiniにおけるデュオトーンのようになっていて雰囲気向上には一役かっております。
それから、屋根を開ければこちらの気分も開放的になるというのも、ある意味機能のひとつでしょうか。

先程活用できる時期はあまりないと言ったばかりですが、意外に一番オープンに適しているのは、厚着してヒーターをガンガンに利かせながらの真冬なのかも知れませんね。

Trackback

Comment

kaz-cze | URL | 2007年05月17日 00:13
ルノー4いいですね。
私は以前2CVに乗っていました。
キャンバストップは楽しいですよね。
開放感がたまりません。
冬から春にかけてが気持ち良いかもshれませんね。
Suze | URL | 2007年05月17日 01:03
 kaz-czeさん。こん**は。ご無沙汰しております。
 最近は Mini の事で細かい事ばかり考えていた反動でしょうか。気楽で背伸びしないR4や2CVが恋しくなっています。
 R4でフラりと避暑地なんぞに出かけ、ゆっくりしたいところです。
キャトレール | 2007年05月17日 23:31
こんにちは、はじめまして。このキャンバス・トップはメーカー純正ですね。並行車の多くは日本で後付していますが、こちらは雨漏りが多いですね。純正は開口部の鉄板が少し盛り上がっていて雨漏りし難い仕様となっています。貴重です。2CVもそうですが、夏場は簾を張って屋根を開けると、熱気が抜けて日差しも和らいでいい感じです。またお邪魔しますね。
Suze | URL | 2007年05月19日 09:48
 こん**は。キャトレールさん。はじめまして。
 コメントありがとうございます。

 「すだれ」については気がつきませんでした。
 暮しを快適に乗り切る先人達の知恵を、クルマだから、外車だからと、利用しない手はありませんね。
 文明の利器に頼らない、これもひとつのエコロジーと言えるのではないでしょうか。
 

 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ