本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

**の穴のちっちゃいヤツ

ストーブの給油口の話です。先日まで使っていたアラジンがちょうど燃料切れになったのでローテーションとばかりに、もうひとつのアラジンに給油をし始めた。すると今まで気がつかなかった事に直面しました。

H42201 H42201給油口
型番"H42201"
"グレードはスタンダード(窓が片側でボディ色が独特なグリーン)" "輸出仕様"  "15型スタンダードでの最初のモデル(1960〜?)"。
こちらは給油口が大きくて楽なんですが…

H42205 H42205給油口
型番"H42205"
"グレードはスタンダード(窓が片側でボディ色が独特なグリーン)" "輸出仕様"  "15型スタンダードでは3番目のモデル(?〜1966)"。
こっちのは給油口のさらに内部に「返し」のようなものがついていて実質の穴が小さい。この穴が 先日紹介した給油缶 のノズルの太さとぴったり過ぎて入れづらいのである。

パーフェクションのリザーバータンク ちなみにこれはパーフェクションのリザーバータンク。初期型のキャップが燃料ゲージを兼ねたタイプは開口が大きいのだが、後期モデルであるこれはキャップからして小さい。ノズルは全然入らない大きさ。これでは灯油をこぼす可能性大。
なので、パーフェクションは従来どうりタンクを外して灯油ポンプでの給油がよろしい。

給油缶の導入をお考えの方は、どうぞ以上のことを踏まえましてご検討ください。また、他の型番(特に、H42202、H42203)についても調査予定です。

型番による年代を参考にしたサイト
日本エー・アイ・シー(株)

Trackback

アラジンへの給油
Suzeさんとこ でアラジンの給油の話題が上っているので、僕のやり方を披露?させていただきま~す。 画像はアラジンのシリーズ15(H42206)と灯油タンク(腕力がないので10Lタンクです)と「コメリ」で購入した電動ポンプ(今年購入したものですが既に入手不可)と給油時に使う...
slower_traffic R4 Diary | 2006年12月21日 20:17

Comment

jean_luc | URL | 2006年12月16日 02:00
"H42206"も"H42205"とおなじく構造です。
僕は地元の「コメリ」さんで買った電動ポンプをつかって給油するのですが、いい案配ですよ〜。
ただ、ノズルの突っ込み具合を加減しないと入れすぎる時がありますが・・・。
Suze | URL | 2006年12月16日 16:50
 こん**は。 jean_lucさん。
 どうも、ご報告ありがとうございます。
 "H42206"と"H42205"は型番が連番ですから同時期なのでしょうね。
 すると、スタンダードとデラックスによる差ではなく、1960〜1966の間に、なんらかの意図があっての改変と考えられますね。
 実際に検証はしていませんが、想像するに「運搬時の燃料漏れ対策」ではないかな、と思っています。

 それから「丸トレー」についての調査報告をコメントしておきました。よろしければご覧ください。
コテージ | URL | 2006年12月18日 04:42
こんにちは。Suzeさん。
いっぱいアンティーク品があるんですね〜
僕も古いもの大好きですが、ストーブとかはチンプンカンプン、、、
でも、何だか画像で見ているだけで暖まる気がします〜^^
他にも古いものどんどん紹介して言ってくださいデス♪
Suze | URL | 2006年12月18日 12:01
 こん**は。コテージさん。コメントありがとうございます。
 「チンプンカンプン」で当たり前ですよ。なんだってわざわざ低性能な暖房器具を使ってるのか、自分の性分に時々呆れます。
 ストーブの世界に入ってしまったキッカケは、オースティン・ミニ・カントリーマンの為の将来のガレージライフに似合う小物収集のひとつだったハズなんですけどね。

 他にも古いもの(特にミニ)を紹介するハズが、ついつい季節柄ストーブばっかりになってしまってますね。反省。\( _ _ )

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ