本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

ALWAYS

観てきましたよ。ALWAYS 三丁目の夕日

公開前の興味は懐かしの町並みやクルマや昭和家電など。それとVFXをSFでない映画に駆使して、どんな風に仕上がっているのだろうか。という点で、ワクワクしながら映画館に向かったのでした。

しかし、本編開始直後のシーンでグワッとこみ上げてしまいました。昔懐かしい誰かに再会したような感覚。自分でも驚くくらいに早くに感動してしまった。「おいおい、まだ始まったばかりじゃんか…。」と自分に突っ込み、涙をこらえました。

まだ観ていない方のためストーリーには触れないでおきますが、終了までに何回も泣きました。中盤からもう我慢するのをやめました。今も公式ホームページを開きながら投稿しているので映画BGMが流れているのですが、それだけで思い出してこみ上げてきます。

ワタシは昭和46年生れで、映画の舞台となっている昭和33年は自分の体験した時代ではないのですが、その時と変わりのない懐かしく普遍的なものを感じました。一言で言えば「家族」ということかな。ハリウッド映画でも頻繁に多用するテーマですけれど、とっても大切なことだからこういう機会に確認すべきでしょう。

終了後、感動の余韻を持続させたくて普段買わないパンフを買いました。
久しぶりの、また映画館に足を運びたくなる映画でした。

それにしてもストーリーに引き込まれてて当時を再現した舞台美術の数々の確認がいまひとつできなかった。この辺りはDVDの発売を待ちたいと思います。

「ALWAYS 三丁目の夕日」オフィシャルサイト

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ