本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

旧篠原家住宅

旧篠原家住宅(左) 旧篠原家住宅(右) 今日はJR宇都宮駅前にある「旧篠原家住宅」にお邪魔いたしました。

駅前に国指定重要文化財があることを気が付かない宇都宮市民は意外と多いらしい。

さてこちらの特筆すべきは、2階建ての延べ面積約100坪の主屋に材料も良いものをふんだんに使ってあるところ。

例えばケヤキの大黒柱が1尺5寸角(約45センチ)で、しかもそれが全長11メートルと長く、2階の床の間の床柱も兼ねています。また、その床の間は幅2間半(約4.5メートル)にも関わらずケヤキの一枚板を使ってあります。材料も立派ですが、こんな重いものをどうやって2階であるここに据え付けたのかにも興味をそそられます。

純和風建築ですが2階東廊下のガラス窓や照明器具などはモダンで、現在の新しい暮しにもヒントとなるところは多々見られます。

それから再生中だった大谷石張りの文庫蔵が完成し16年2月より公開されております。構造が理解できるの原寸模型も展示されており参考になりました。

そういえば前回伺ったときに土壁の土までも保存してあったのを思い出しました。大変忠実な再生を施したようです。

ご 案 内

■開館時間
午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

■休館日
月曜日(この日が休日の場合はその翌日)
祝日の翌日(土・日・祝日の場合は開館)
年末・年始(12月29日〜1月3日)

■入館料
一般 100円(80円)
小・中学生 50円(40円)
( )内は20人以上の団体
※宇都宮市内の高校生以下の方は無料

周辺地図

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ