本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

ぶらり神田

今日は東京神田須田町に。

奇跡的に大平洋戦争にも耐えたむかしのままの建物がところどころ見られます。

このあたりは昭和のはじめごろまでは「連雀町」といったそうだ。
連雀とは連尺という背負い道具に由来している。全国にこういった地名が多く残っており、それは背負い道具に荷物をつけた商人たちが多く行き交いにぎわっていたか、またはその道具を造る職人があつまっていて町の名前になったそうだ。

そのことは故池波正太郎著  食卓の情景 にも記されています。

食通で知られる氏のその随筆に紹介されている日本情緒ある名店は
「薮蕎麦」、鳥料理「ぼたん」、あんこう鍋「いせ源」、汁粉屋「竹むら」の四軒。
「竹むら」と「いせ源」は通りを挟んで向い合せ。

いせ源 竹むら 写真左:「いせ源」
写真右:「竹むら」

今回お邪魔いたしたのは、汁粉屋「竹むら」。

そっと引き戸を開けると「いらっしゃいましぃ」と、御主人の声。午後3時過ぎという時間がちょうど良過ぎたのか店内はなかなかの賑わい。
「栗ぜんざい」「揚げまんじゅう」が名物らしいが、今は汗ばむ夏なので「白玉あんみつ」>0- を頂く。

あんみつを頂いている間も客足はひっきりなしだ。近ごろは仮面ライダー響鬼のロケ地にもなっていて話題性があるからか?
いや、そうではなさそうだ。店内のどこにもそれについて触れるものは無いし、客層からして近所のサラリーマンや主婦グループやご年配の方々といった甘味処として普通のメンツであった。

それもそのはず、老舗なのだからテレビであえて持ち上げられなくてもよいのだ。むしろ、持ち上げられたいのは老舗をロケ地にしている番組のほうだ。番組は「和」をコンセプトにしており主人公たちの本拠地は甘味処「たちばな」という設定。これは初代仮面ライダーでは立花のおやっさんが営む喫茶店「アミーゴ」だったのとリンクしている。仮面ライダーのファンであれば、設定のセンスにはニヤリとしてしまうことだろう。

「和」ブームが相当に広がって特撮モノまで余波がやってきたのはワタシ的には非常に嬉しい。「和」はブームとして一過性で終わらずに日本人として日本文化を再発見、再認識という形で根付いていただきたい。

まつや 歯科医院そんな気持ちで「竹むら」をあとにしてもう少し散策。

別著書 散歩のとき何か食べたくなって で紹介されていた「まつや」(写真左)は休業してました。ちょっとした改装中のよう。

また、日本情緒とは懸け離れていますが、こういったモダンな外観の医院を見つけた。(写真右)看板の字が右から書かれているので戦前の建物であろう。

ゆっくりしたかったのだが今回はこれまで。今度は蕎麦を目当てに来ようとおもうが、「まつや」と「薮蕎麦」、どちらの店にしようか既に悩んでいる…。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ