本日のスープ

Various tasteful things becomes spice of life.

カジカガエルを追って(2)

本日はもう夏かと思わせるようなかなりの好天。 これならばカジカガエルも活発になっているだろうと思い、再びポイントへとミニを走らせ行ってまいりました。 本当に夏陽気で途中渋滞にはまった時には、普段はサーモスタット開弁温度の76℃をキープしている水温も90℃になりました。
カントリーと虫取り網 谷の景色 いつもの場所にクルマを止めて耳を澄ますと…いるいる!聞こえてきました!笛の音のような美しい鳴き声が。ワクワクしながらも慎重に崖を降ります。
カジカガエルは流れの途中の石の上を縄張りとして鳴きますから石の上を注視して探します。時には足を止め自然に身をうずめると鳴くのを止めていたカエルもまた鳴き出します。その方向にすこしずつ近付く。止まる。の繰返しでカエルの居場所を特定していきます。

その間ずっと胸がドキドキしっぱなしです。緊張しすぎて足をすべらせ転んでもいけませんから、ちょっとひと休み。周りの風景に目をやる。…しかし、いつ来てもこのポイントは景観がすンばらしい。中洲でバーベキューなんかやったら楽しそうなんですけれど降りていくのがチト苦労するし、ゴミなどはきれいに持ち帰るのは当然だとしても、なんかそういう事で足を踏み入れては申し訳ない気がします。でも今度チェアと昼食だけ持って本を読みに来ようとは思っています。

「フィフィフィフィフィ…」というカエルの鳴き声に我にかえる。その鳴き声の方向と距離がだいたいわかるとそれらしき石を凝視します。すぐには発見できません。体色が石そっくりなのです。鳴く時のノドの振動が目に入って初めてカエルを認識できます。

ここまでくるとあとは楽勝です。カエルを目で追えてさえいれば取り逃がすことはありません。今回も網をカエルの頭上にかざしたところで感ずかれて石から川に飛び込まれましたが泳いで逃げていったりはしないのです。石の影でジッとしているだけですからこれを捕獲します。

ハント成功!今年も自宅で鳴き声を楽しませていただきます。ウチでは冬眠させられないので8月頃またここへ来て帰してあげることを約束します。

カジカガエル2匹

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索

1969
Austin
Mini Countryman Mk-II

`97に英国より輸入し登録、以来所持続けている我が愛車。これが手持ちで一番のお気に入りの『古道具』である。ただいまいくつかの課題をこなしながら何度目かのリフレッシュ中。2009年より”モーリス・トラヴェラー”仕様にして楽しんでおります。

 
1986
RENAULT
4 GTL

`06年4月に購入。使い古しが似合うブルージーンズのような『古道具』。`08年5月までリフレッシュ中のカントリーマンの代役を務めてくれました。また乗りたいクルマ。

 
1996
FIAT
Panda CLX

D車を新車で購入した妻と一緒にこちらにやってきました。当時は旧車ではありませんでしたが古道具を経てそろそろそう呼べる域には達しているかも。高年式さ故にミニのバックアップ的存在でしたが積載能力を求めた結果、`11年6月にルノー・エクスプレスにその役をバトンタッチしました。機会があれば今度は Panda 45 を手に入れたいです。


1990
RENAULT
express GTD

`11年6月に購入。道具を積んで移動するための『古道具』。カントリーマン以上の活躍をする場面もありながらトラブルという名のイベントを発生させることも得意の様子。


1974
DAIHATSU
Solex 5000

前輪駆動によるモペッド。`04に購入。本国フランス仕様とはちょっと異なるコンパクトな日本仕様。気軽に遊ぶ『古道具』であるが、登場機会は全くと言っていいほど無い。

FullSizeRender
2010
ABARTH
500 esseesse

旧車予備軍になる得ると予感して購入。なんて、本当はエアコンが効いて走ることが楽しそうなのが欲しかっただけ?。とりあえずカントリーマン不在の心の穴を埋めてくれています。


1971
Sabotage-soup
Suze(管理人)

「古道具や旧車など古いものを活かして生きる」をコンセプトとしてサボタージュ・スープと名付けて活動していますスーズと名乗る者です。日替りのチープシックだけど味わい深いごった煮をどうぞご賞味あれ。
管理人のつぶやき
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
本日のスープ